【この記事の動画を見る】

HKT48村重杏奈は、指原莉乃の尽力により所属事務所AKSからツインプネットに移籍する運びとなった。だが彼女は6月8日Twitterでツインプラネットから「仮契約」とされたことを明かしている。その村重と元AKB48西野未姫がおしゃべりする動画を事務所YouTubeで公開したところ、SKE48須田亜香里が噛みついた。

バラエティ番組での活躍やAKB48で「第2のまゆゆ」と呼ばれていたこともあり西野未姫ベテラン感が漂うが、村重杏奈の方が48グループでは先輩である。

村重は2011年7月10日HKT48第1期生オーディション』に合格しており、西野が『AKB48第14期生オーディション』に合格したのは2012年のことだ。西野は2017年3月27日AKB48を卒業すると、同年8月からツインプネットに所属している。事務所では西野が先輩になり、どちらも同じ20歳という関係だ。

そんな2人が、事務所に「YouTubeの撮影があるから」と呼ばれて待っている間におしゃべりをはじめた。村重が「仮契約」だったことから先輩に頼んで「(仮)を取ってもらおう」という流れになり、西野が頼れる先輩の候補を挙げる。

西野によると、やはりナンバーワン鈴木奈々らしいが「奈々さんは自分が出ている動画をやたら見せてくる」のが難点だという。次に挙げた女装タレントのぺえについては「めちゃオナラするし、ゲップするし、頭が臭いし、鼻くそをつけてくる」と明かして「人間としてやばくないですか?」と村重を引かせた。

そして3番手に挙がったのが、SKE48の須田亜香里である。すると西野は「でもやたら『私って可愛い?』と聞いてきて、ブスって言えない雰囲気になる」とぶっちゃけてしまうのだ。

2人のそんなやりとりを撮ったものをスタッフが編集してYouTubeチャンネル「俺ら」に公開したところ、すぐに須田亜香里が反応した。

須田が自身のTwitterで「二人とも絶対許さない」と真っ赤なふくれ顔の絵文字を付けてツイートしたところ、西野は「村重さんが『そう言え』みたいな顔で見て来たので、期待に応えないといけないと思って言っただけなので、本当はブスなんて思ってないですよ」と言い訳する。さらに須田から「だったらこれからはどこがどう可愛いくみえるのかの詳細までしっかり説明しろよ」と詰め寄られ、「どこまで具体的に言えるかわからないですが頑張ります」と恐る恐る応じるのだった。

それにしても村重杏奈が「ツインプラネット!」を連呼してはしゃぐ姿に光るものを感じたのだろう。似たような西野未姫タッグを組ませてYouTubeデビューさせるとは、ツインプネットも考えたものである。これからどのような展開になるのか期待したい。

画像は『西野未姫 2019年6月4日Twitter「今日!6月4日 21時TOKYO MX『バラいろダンディ』」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト