ecodrive-riiiver_main
シチズンは、新たなIoTラットフォーサービスRiiiver」に対応するスマートウオッチ「Eco-Drive Riiiver」を6月17日(月)より、クラウドファンディングサイトである「GREEN FUNDING」に出品、併せて先行販売を開始し、目標金額の150万円を開始から28分で達成した。

アプリ「Riiiver」で、気分やシーンに合わせて自分の好きな「機能」を設定可能

「Riiiver」とは、さまざまなデバイスを基点に、ヒト・モノ・コトを繋げるIoTラットフォーム。「Eco-Drive Riiiver」は、そのIoTラットフォームであるRiiiverに対応した次世代のスマートウォッチ。Riiiverと連携することで、自分の好きな「機能」をEco-Drive Riiiverに設定することが可能だ。 また、気分やシーンに合わせて機能を入れ替えたり、またスマートフォンアプリ「Riiiver」を利用することで、誰でも簡単に機能自体をつくることもでき、それを共有することもできる商品となっている。 ecodrive-riiiver_1 ecodrive-riiiver_4 ecodrive-riiiver_3 ecodrive-riiiver_2

スマホをBluetoothで連動させると消費カロリー計測や日々の行動記録にも使える

本商品は、物理ボタンを持っているため、暗闇でも、何かほかの作業をしている時でも、ノールック操作を可能にする。また常に身に着けておけば、デバイスを取り出す必要がなく、Riiiver連携の起動アクセシビリティに優れている。 腕時計に内蔵された加速度センサーにより、日々の歩数、消費カロリーを計測でき、アプリ上で数値化された活動量を確認することが可能。他にも、Bluetoothスマートフォンと連動させることで時刻の自動修正機能や、時計が浴びた光の道筋をマップ上で表示させることで、日々の行動履歴や移動した経路を視覚的に確認することができるライトレベル-マップ機能も利用できる。 ecodrive-riiiver_6 ecodrive-riiiver_8 ecodrive-riiiver_7 ecodrive-riiiver_9 ecodrive-riiiver_5 また、シチズンの光発電技術「エコ・ドライブ」で動作するため、定期的な電池交換やケーブル充電は不要となっている。目標金額達成後も、クラウドファンディング6月17日(月)~8月31日(土)までの間、引き続き実施。 また、開催期間中は日本初、ネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」にてサンプル品が展示される。興味のある方はこの機会に、展示品を見てみるのもいいかも。 Eco-Drive Riiiverー開発者インタビュー

PRODUCT INFORMATION

Eco-Drive Riiiver

ecodrive-riiiver_main 2019年秋発売予定 ¥45,000(+tax) ケースステンレス バンドステンレス ガラスサファイアガラス(無反射コーティング) ケース径:43.2mm 厚み:12.6mm [主な機能] Cal.W510 月差±15秒 光発電エコ・ドライブ フル充電時約7ヶ月稼動(パワーセーブ時約1.5年)          Bluetooth(R)(自動時刻受信、Riiiver連携) 10気圧防水 Eco-Drive Riiiver 公式サイト プロジェクト 詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.