【元記事を音楽ナタリーで読む】

はちみつロケット6月16日に東京・恵比寿ガーデンルームで単独公演「はちみつロケット新体制ファーストライブ SEASON2スタート!」を行った。

【大きな画像をもっと見る】

6月8日に東京・SOUND MUSEUM VISION公演をもってリーダー雨宮かのんが卒業し、6人体制になったはちロケ。新体制初ライブとなった恵比寿ガーデンルーム公演は昼夜2部にわたって行われ、第1部では「踊る君に『バカイズム』」、第2部では「少し泣き笑い『おかしなわたしはちみつのきみ』」と題したステージが繰り広げられた。この記事では第1部の様子をレポートする。

SEに合わせて新衣装に身を包んだはちロケがステージに登場すると、そのポップかつスタイリッシュな姿にロケッター(はちロケファンの呼称)から歓声が沸き起こる。6人は横一列に並び、新体制の幕開けを飾るナンバーとして児玉雨子が作詞した新曲「ザラメ・オシャベリ」を歌唱。続いて披露した小西康陽提供の「なかよしグループ」と最新シングル曲「忠犬ハチ公」では、突如ステージに現れたドラァグクイーンの枝豆順子、リル・グランビッチ、ビビー・ジェローデルを交えてにぎやかなパフォーマンスが繰り広げられた。

雨宮からMCの進行担当を引き継いだ華山志歩による仕切りのもと、6人は元気いっぱいに自己紹介。澪風は髪を赤く染めたことを、播磨怜奈は髪を切ったことを笑顔でアピールし、大きな歓声を浴びた。また「ザラメ・オシャベリ」のラップパートを担当している澪風は、その中でウイスパーボイスを披露していることに触れ、「ぜひ耳を澄ませて聴いてほしいと思います!」とロケッターに向かって呼びかけた。

MC後の次のブロックでは「花火と漫画とチョコと雨」の曲中にフロアにサインボールが投げ込まれたほか、アッパーチューンWHITEFIGHTERS」の落ちサビで播磨の力強い歌声が会場に響きわたる。さらにはちロケは塚本颯来による煽りをきっかけに、ロックナンバー「陰陽 -Yin Yang-」や友情ソングフレンドリーム」、ライブの人気ナンバー「バカイズム」などを畳みかけるようにパフォーマンス。本編ラストには再びドラァグクイーンステージに迎え、「バカイズム」のテンポを倍速にした「倍速バカイズム」を披露してロケッターを熱狂させた。

アンコールに応えて再びステージに登場したはちロケは「なかよしグループ」の振り付けを手がけるなど、すでにメンバーと顔見知りである枝豆らドラァグクイーン3人を改めて紹介。軽快なトークを繰り広げ、会場を笑いで包み込んだのち、ラストに「MOTTO MOTTO!!」を歌唱した。メンバーはこの日新グッズとして発売されたグループのロゴ入りの白いフラッグをロケッターと一緒に振り回し、会場をひとつにして新体制初ライブの第1部を締めくくった。

はちみつロケット「はちみつロケット新体制ファーストライブ SEASON2スタート!」第1部「踊る君に『バカイズム』」2019年6月16日 恵比寿ガーデンルーム セットリスト

01. ザラメ・オシャベリ
02. なかよしグループ(with ドラァグクイーン
03. 忠犬ハチ公(with ドラァグクイーン
04. ギリギリサマー
05. 花火と漫画とチョコと雨
06. WHITEFIGHTERS
07. 陰陽 -Yin Yang-
08. フレンドリー
09. ハニートランポリン
10. バカイズム
11. 倍速バカイズム(with ドラァグクイーン
アンコール
12. MOTTO MOTTO!!

「はちみつロケット新体制ファーストライブ SEASON2スタート!」の様子。