◆ 承認欲求

しばらく前から「承認欲求」という四文字熟語が
会話の中にでてくるようになりました。
この言葉の普及とSNSとの関連は切り離せないようです。
また並行し「意識高い系」と言われる人たちも現れました。

意識高い系は、本当に意識が高い人たちのことではなく、
承認されたくて、意識が高そうなことを言ってみるけれど
どこか本質とずれた人に対して揶揄する言葉のようです。

そのように見てみると、「承認欲求」が強いことは、
マイナスの要素として見られがちです。

たとえば、SNSで「どう?すごいでしょ!」アピールの連続で
いいね!」によって承認を求めるような内容が多いと、
うっとおしいからです。

◆ 承認を心理的に見ると

そもそも承認欲求は、認められたい、評価されたい、
自分という存在を理解してもらいたいという欲求ですから、
どんな人にも存在します。

承認は、関係の中で生まれます。
承認されると人は、うれしいだけでなく、安心もします。
人に受け容れてもらえたという感覚は、自分の居場所確保の
感覚につながるからです。

受け容れてもらえた…は、「嫌われてない」と同じです。
「嫌われてない」は「愛されている」未満でしょうか。

つまり「承認」は「愛」の代用として受け取りたいものなのです。
言い換えれば、人はみんな「愛されたい」と言えます。

ごはんが身体の栄養なら、愛はこころの栄養のようなもの。
ですから、人はこれを切らすわけにはいきません。
飢えるからです。

愛されたい欲求は、乳児の頃の親との関係から始まっています。
乳児の頃、特に母親が自分が安全基地の役割を
していたら、成長して自然に親から自立していくので
ことさらに承認を求めに行かなくても大丈夫なのです。

なぜなら、自分で自分を承認で来ているからです。
アイアムOKですし、ユーアーOKです。

◆ ある実業家のケースでは

しかし、親から認められるかどうかというのは、
成人してからも大きな要素として人の行動に影響します。

私の前職は百貨店の社員でしたが、この百貨店オーナー
兄弟仲の確執は、週刊誌ネタになるほど有名でした。

確執の理由は、父親の企業グループの後継者として、
自分ではなく弟にしたことにあると言われています。

あえてお名前は出しませんが、これだけでもどなたなのかは
お分かりになる人もいるでしょう。

この方、ご自身が作家でもあり、80年代にはこの百貨店によって
洗練され感性豊かな暮らしの文化が提案されていきました。

そんな仕事をされていたのにホテル事業に手を広げたのは、
弟さんへの対抗意識だと言われていました。

承認欲求のテーマで、このことをなぜ書いたかと言えば、
私の心理セラピストとしての私見ですが、

父親からの承認が得られなかった場合、まして他の兄弟に
承認が行った場合、社会での大きな成功による承認がないと
埋め合わせることのできない何かがあったのではないでしょうか。

結果として、ホテル事業の投資は裏目に出ていきました。

男性のこころの課題では、父親が立派だった場合、
超えるための葛藤が少なからずあります。
父以上の何かを成し遂げて、ようやく自分を認められる
というケースがあります。

◆ 一番、承認してもらうべき人は

誰から承認されるべきかと考えた時、
親を含む他者に加え、忘れていけない人がもう一人います

それは、自分自身です。

自分で自分を承認すること、これが難しい人は多いです。

ありのままの自分を愛する、とよく言います。
しかし、ありのままの自分ではダメという疑いが、人の承認を必要とします。

承認は「愛」を求める行為です。

人は、自分を理解してくれた、わかってもらえたと思った時、
愛を感じます。理解は愛に通じます。

では、自分が自分の理解者であろうとする時
それは自分が自分との関係を再構築することになります。

つまり自分が自分にもっと愛を与えられたなら、
ありのままの自分を愛する意味が変わってくるでしょう。

愛は心の栄養だと言いました。
その意味で、愛は自給自足がベターです。

自分が自分へ承認が可能になると、
承認欲求は、自然と満たされて、
他者からの承認も、もっと高い次元へと昇華していくでしょう。

※ 花の写真は、承認欲求から解放され、自分が自分を承認できる

 イメージのものを選びました

承認欲求は、愛の代わりを求める欲求だから