産経新聞社は、「絵師100人展 09 新潟篇」を6月22日7月21日新潟市マンガアニメ情報館で開催します。漫画やアニメゲームなど日本発のポップカルチャーの第一線で活躍し、「絵師」と呼ばれる画家たち100人の描き下ろし作品を一堂に紹介します。作品上に展開される彼らの高い技術と独特の世界観を通して、日本が世界に発信することのできる新たな価値観・文化を模索します。詳細は公式サイトhttp://www.eshi100.com/archive/region_09_niigata.html)で。


第9回となる今回のテーマは「時代」です。時代という言葉は、時間の流れの中で特定の期間を区切るために用いられ、歴史では政治や社会、文化の観点から、また人間の一生においても年齢や生活環境によって期間を区切っています。時代とともに常に社会や人間は変化し、特に現代は人の意識や流行がめまぐるしく移り変わっています。
また今年は平成が終わり、新しい時代を迎えた年でもあります。「時代」をテーマにした作品を通して、さまざまな時代の景色や人々の営みと出会い、過去や現在を見つめ直して未来に眼差しを向ける機会となることでしょう。

なお、新潟篇開催を記念して7月14日(日)に鵜飼沙樹先生サイン会を開催します。13時スタート、定員50人。

会  期6月22日(土)~7月21日(日)
会  場新潟市マンガアニメ情報館(新潟市中央区八千代2-5-7 万代シテイBP2 1F)
開館時間11時19時(土・日・祝日は10時~、入場は閉館の30分前まで)
入場料:前売り券=一般800円 ※一般料金のみの販売
    当日券=一般1000円/中高生700円/小学生200円 ※未就学児は無料、土・日・祝日は小中学生無料
主  催産経新聞社絵師100人展 09 新潟篇実行委員会(新潟市/N S T/新潟市マンガアニメ情報館)
協  力JAM 日本アニメマンガ専門学校

配信元企業:株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ