シンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュン・ポン)はこの度、高品質な貨物サービスTHRUCOOL(スルークール)」のさらなる利用促進を図るため、5月1日からスカイセルと3年間のリース契約を締結しました。スカイセルは温度管理コンテナを提供する代表的な企業のひとつです。これにより、シンガポール航空は、さらに高品質な医薬品輸送サービスを拡充いたします。
同社が提供するTHRUCOOLは、時間と温度に関して厳格な管理を必要とする医薬品の輸送をするための、迅速かつ信頼できる低温流通体系で2018年9月にサービスを開始しました。THRUCOOLの提供開始は温度管理の徹底を必要とする医薬品輸送需要の高い、チューリッヒ-シンガポール-シドニー路線から、弊社の「高品質低温流通ネットワーク」を代表するサービスとして導入されました。

当社の「高品質低温流通ネットワーク」は、IATAが定めたCEIV Pharma[1]認証を取得し、医薬品輸送に求められる安全性、徹底した品質管理、そして効率性を叶えるサービスです。

当社の「高品質低温流通ネットワーク」には、2019年6月13日よりアムステルダムとホーチミンも加わります。これにより、アムステルダムまたはチューリッヒからシンガポール経由でホーチミンまたはシドニーへまでTHRUCOOLのサービスを利用できるようになり、輸送中のどのタイミングにおいてもお客様の医薬品の品質保持に最大限の注意を払うことが可能になります。シンガポール航空カーゴは、今後も業界をリードする企業との連携を強化し、当社の「高品質低温流通ネットワーク」のさらなる拡大に取り組んで参ります。

スカイセルのスイス製コンテナは、周囲の温度がどのような場合でも、医薬品の温度が摂氏2~8度、または摂氏15~25度に保たれるように設計されています。特許を取得した最先端の断熱材により光を反射し熱伝導を最小限に抑えると同時に、従来より5倍も多くのエネルギーを蓄えられる冷却技術によって、コンテナ内の温度を一定に保つことができます。また、コンテナにはIoTセンサーが装備されており、データクラウドに接続し品質を確認することも可能です。

シンガポール航空シニア・バイスプレジデント・カーゴのチン・ヤウ・センは、以下のように述べています。
THRUCOOLによる当社の高品質低温流通ネットワークの拡大と、スカイセルとの新たなリース契約により、時間や温度の厳格な管理が必要な医薬品貨物を輸送する低温流通サービスの向上に努めて参ります。さらなるサービス拡充に取り組むとともに、業界パートナーと協力し、革新的な医薬品輸送を目指して参ります。」

スカイセルのCEOであるリチャード・エティ氏は、以下のように述べています。
シンガポール航空は、医薬品輸送用の専門的なサービスと広いネットワークを持ち、アジア太平洋地域をリードする航空会社です。アジア太平洋地域では信頼性の高い安全な医薬品輸送に対する需要が高まっています。今回の提携で、新興市場へ医薬品の温度を変えることなく輸送することに貢献できると信じています。」

[1] International Air Transport Association’s Centre of Excellence for Independent Validators in Pharmaceutical Logisticsの略称(国際航空運送協会が定める医薬品における航空輸送品質認証制度)
[2] 国際航空運送協会による「2018年世界航空貨物輸送統計」

シンガポール航空カーゴについて
シンガポール航空カーゴは、同社の保有する貨物機ボーイング747-400の全機体の他、スクートやシルクエアーなどのシンガポール航空グループ内の各航空会社が運航する旅客便においても貨物輸送サービスを提供しています。ネットワークは、6地域130都市以上に及び、国際貨物トンキロベースで世界トップ10にランクイン[2]しています。また、IATAのCargo iQ信頼性指標による貨物航空会社ランキングでは、業界最優秀企業の1つとしての評価を獲得し続けています。

スカイセルについて
スカイセルは、航空貨物用の温度管理輸送用コンテナにおいて業界をリードする企業で、そのコンテナは世界中で医薬品輸送に利用されており、その独自のハードソフトサービスを組み合わせることにより、お客様に、温度管理を必要とする輸送へのソリューションを提供しています。製薬会社の検査では、離陸後の温度変動が0.1%未満であることが確認され、スカイセルのサービスは業界で最も安全であるとされています。断熱性能の高い断熱材と最先端の冷却技術により、コンテナの温度を160時間以上一定に保つことができます。すべてのコンテナにIoTセンサーが取り付けられており、世界のどこででもコンテナの追跡と監視ができ、シームレスなサプライチェーン管理が可能です。スイスに本社を置くスカイセルは90カ国以上に展開し、世界中の製薬会社にサービスを提供しています。詳細は、www.skycell.chをご覧ください。

配信元企業:シンガポール航空

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ