伊藤園(本社・東京都渋谷区)は18日、「お〜いお茶」シリーズから、茶飲料「お〜いお茶 ぞっこん」を発売する。(写真提供:伊藤園)

  仕上げ加工時に茶葉を形や重さごとに分け、それぞれに適した火入れを行う「新・後火(あとび)仕上げ」製法と独自の抽出技術を採用した。急須でいれたような豊かな香りと深くまろやかな味わいに仕上げた。

  茶産地育成事業で育てた「お〜いお茶」専用の茶葉を主に使用。飲料に適した茶葉を育てるための畑づくりから、茶の味わいを引き出す抽出技術までこだわったという。

  「お〜いお茶」は、香料や調味料を一切使わず、急須でいれた茶の味わいを追求した茶系飲料のブランド。同シリーズから、「お〜いお茶 ぞっこん」を発売し、緑茶飲料市場での、販売促進を目指す。(編集担当:柏大吉)