iPadがシームレスにMacのサブディスプレイになる時代。2画面での仕事環境の持ち運びに活用したいのが、広めのタイプの膝上ワークステーションです。

Mac + iPadユーザーじゃなくても、Space deskDuet Displayといったアプリを使えば、簡単にタブレットのサブディスプレイ化が可能になります。積極的に活用して仕事の効率を上げたいところ…。

Pilot LapDesk』なら、どこでもデスクに近い環境が用意できます。

フリーアドレスやリモートワークでフル活用

Image: Amazon.com

フリーアドレスリモートワークなど、デスクに縛られないワークスタイルが広がってきていますが、『Pilot LapDesk』はそんな働き方を促進してくれそうなグッズどこでも快適な仕事環境が準備できます。

広いワークスペースで仕事の効率アップ

Image: Amazon.com

パソコン1つで仕事するのは可能ですが、なんだかんだいってもマウスを使うと生産性は上がります。

また、資料を広げたいとき二画面での照合が必要なときには、広いワークスペースやサブディスプレイがあればベターでしょう。

Image: Amazon.com

Pilot LapDesk』は、左右にタブレットスマホが立てられます。快適にサブディスプレイの画面が見られるうえに、ワークスペースが広く使えるので、メモ帳やペン、マグカップといった必需品が置けます。

これなら万全の態勢で作業に臨めますし、ソファでも悠々と仕事ができそうですね。

通気孔が熱を逃がす

Image: Amazon.com

これからの季節、膝の上でのパソコン作業は熱が曲者ですが、膝上ワークステーションが断熱してくれます。さらに『Pilot LapDesk』なら熱を逃がす通気孔がついているので、仕事環境を涼しく保てそう。

Pilot LapDesk』はAmazon.comなどから購入できて、価格は99.95ドル(約1万800円) + 送料18.93ドル(約2100円)となっています。

あわせて読みたい

腰痛で辛いデスクワークが座るだけで楽に。カイロプラクターの手技を再現したシート【今日のライフハックツール】

オフィスで活躍する4つの文房具を使いやすく搭載した、ペン型マルチツール【今日のライフハックツール】

Image: Amazon.com

Source: Amazon.com, Space desk, Duet Display