札幌市で起きた痛ましい事件の新証言が容疑者の友人から出ている。

現在、容疑者として逮捕されているのが父親の方なのだが、容疑者友人によるとそういったことをする人物ではないそう。

逆にそうしいうことをしそうなのは母親の方だとの言葉だ。

母親である池田莉菜容疑者は日本3大歓楽街の1つ『すすきの』の高級クラブでホステスをしていたのだとか。


画像出典:池田莉菜Instagram

また主犯と報道されている父親も半身にタトゥーが入っており、見た目から誤解されるような風貌だが、友人によるとそんなことをする人ではないという。


画像出典:藤原一弥Facebookより

亡くなった詩梨ちゃんの直接の死因は、衰弱死だったそうだが、頭部や顔面などにケガがあり、タバコによるヤケド痕も見つかり、日常的に虐待があったとみられている。

そのタバコのヤケド痕なども父親がつけたにしてはおかしい点がいくつかあるそう。

まず、両親ともタバコを愛煙していたそうだが、父親の方は最初から電子タバコを使用していたそう。

そこからタバコのヤケド痕をつけるのは無理だとの証言があがっている。

また、女性や子供に手を上げることはないと話す友人も・・・。

しかし、一方では違う証言も上がっており、真相解明が急がれる。

続報がわかり次第お伝えしたい。


(※↓詳しくはコチラへ)
関連:《札幌2歳児衰弱死》容疑者の友人が「やったのは絶対にオンナ」と熱弁する理由
画像出典:池田莉菜Instagram
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

札幌2歳児衰弱死に容疑者友人から新証言が。実行したのは“母親”という疑惑が。