Volvo GroupNVIDIA は、AIを使って世界の輸送業界に自律走行をもたらすことで、全世界の人々と製品の輸送のありかたを一新させようとしています。

スウェーデンのヨーテボリにある本社で、Volvo Group火曜日エンドツーエンドの自律走行プラットフォームである NVIDIA DRIVE を使って、自動運転の AI 車両のトレーニングテストおよびデプロイを行うと発表しました。同グループでは、公共輸送、貨物輸送、廃棄物処理とリサイクル収集、建設、鉱業、林業などをターゲットとしています。

これらの業界に AI をもたらすことによって、Volvo GroupNVIDIA は、驚異的な新車両を作り、より生産的なサービスを提供できるようになります。

両社は、ヨーテボリとシリコンバレーエンジニアリング チームを共同配置しています。Volvo GroupNVIDIA は、車両内 AI コンピューティングのための DRIVE AGX Pegasusラットフォームを構築し、全方位センサーの処理、認識、マップでの自己位置推定および経路計画のために DRIVE AV ソフトウェア スタックをフル活用する予定にしています。さらに、両社は、NVIDIA DRIVE hardware-in-the-loopループ内部にハードウェアを持った)シミュレーションラットフォームを使って、これらのシステムテストおよび検証を行います。

Volvo Group CEO マーティン ルンドステッド(Martin Lundstedt)氏は、次のように述べています。「私たちの顧客は今まさにこれを求めています。パートナーシップは新しいリーダーシップであり、NVIDIAとの非常に長期にわたるリレーションシップを本日締結しました。」

NVIDIA創設者/CEO、ジェンスン フアン(Jensen Huang)氏は、次のように述べています。「移動するものはすべて自動化または部分的な自動化になり、このテクノロジがその基盤となるものです。私たちは共に未来を変えることになるでしょう。」

Volvo Group は、ドライバー サポート システムから完全な自律走行車およびマシンに至る、自動化のすべての領域で、NVIDIAテクノロジを活用したソリューションを導入する計画を立てています。

世界中を走行しているトラックラインアップ全体に AV テクノロジを導入すれば、その潜在的な便益は膨大なものとなります。公共輸送と貨物輸送の業界から林業および建設業に至る業界がより効率的になり、車両はより長く、より遠くまで走行できるようになります。

トラックに満載の需要
今日のオンライン ショッピングの需要は、世界の輸送システムをこれまで以上に圧迫しています。翌日または当日の輸送に対する期待が、自律走行トラックによって解決すべき課題となっています。

すでに、全世界で 3,500 万個以上の荷物が毎日配達されており、この数は毎年 28 % の割合で増え続けています。コンサルティング企業の KPMG によれば、2040 年には、配送サービスは、オンラインで注文された物品を取り扱うために、走行距離を毎年 780 億マイルずつ増やさなければなりません。

自律走行トラックなんとか間に合い、この需要に応えることができそうです。McKinsey のエキスパートによれば、自律走行トラックは 1 日 24 時間の稼働が可能なため、配達時間を改善することができます。効率性が向上し、米国でのロジスティックスのコストは年間で 45 % 引き下げられ、850 億ドルから 1,250 億ドル程度にすることができるとのことです。

貨物船へのコンテナの積み降ろしや港湾内での走行といった、短距離の日常的な輸送の自動化から、ハイウェイでの自律走行に至るまで、Volvo の新世代車両は運送業界を劇的に合理化することができます。

高性能で、エンドツーエンドNVIDIA DRIVE ソリューションと世界で 第2 位の規模であるトラック メーカーの組み合わせにより、NVIDIAVolvo Group は、自律走行トラック輸送による効率性を、まもなく全世界の市場に提供できるようになります。

安全を届ける
また、このような車両が道路に登場する前に、Volvo Group では、NVIDIA DRIVE Constellation を使って自律走行車のテストおよび検証を行い、全世界での多様な走行上の課題に対処できるようにする予定です。

Hardware-in-the-loop シミュレーションを活用して、両社は、車両内で作動するものと同じハードウェアソフトウェアを使って、自律走行システムをこれまでよりはるかに大きな規模でテストすることもできます。

グローバル レベルで重要な自律性を実現することのできる、今回の提携により、NVIDIAVolvo Group の未来に向けた準備は万全です。

配信元企業:NVIDIA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ