●大型化により居住性が大幅に向上。MBUXを搭載する新型GLE

メルセデス・ベンツ Mクラス改め、GLEを名乗っていたプレミアムSUV2019年6月18日にフルモデルチェンジを受けました。

実質的にGLEとしては初のフルモデルチェンジで、Mクラスから数えて4代目になります。注文受付は18日から開始され、納車は「GLE 450 4MATIC スポーツ (ISG搭載モデル) 」が18日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」は8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降が予定されています。

詳細画像はこちら

GLEは、前身の「Mクラス」が1998年に誕生して以降、メルセデス・ベンツSUVの中核モデルとして進化を遂げ、SUVらしい力強さとスポーティネスを表現したエクステリアデザイン、上質感あふれる内装、オン/オフロードともに優れた走行性能を備え、プレミアムSUVというカテゴリーを創出。2015年10月には名称を現在のGLEに改め、EクラスファミリーSUVとしての位置づけが強化されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

4世代目となる新型GLEは、内・外装のデザインが一新され、最新技術と装備を搭載して生まれ変わっています。オンロードでは、高い俊敏性を、オフロードでは卓越した走破性を実現したとしています。

キャビンが大幅に拡大し、同モデルで初めて3列目シートが設定され乗車定員が7名になったほか、新型Aクラスで導入されたインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを用意。

詳細画像はこちら

グレード展開は、GLE初の4気筒クリーンディーデルエンジンが搭載された「GLE 300 d 4MATIC」、静かでスムーズな直列6気筒クリーンディーゼル搭載の「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」、直列6気筒ガソリンと「ISG」が搭載された「GLE 450 4MATIC スポーツ」を用意。

「GLE 300 d 4MATIC 」には出力を高めた2.0L直列4気筒ディーゼルエンジンの「OM654」が搭載され、最高出力 245PS(180kwW)、最大トルク500Nmを発生。「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」には、最高出力 330PS(243kW)、最大トルク 700Nm を誇る3.0L直列6気筒クリーンディーゼル「OM656」を搭載しています。

「GLE 450 4MATIC スポーツ」には、コンパクトな3.0Lリッター直列6気筒ガソリンエンジンの「M256」とともに、「ISG(インテグレーテッドスターター・ジェネレーター)」「48V 電気システム」などの新技術を搭載することで、効率性、快適性、高性能化を同時に実現。

エンジンのみで最高出力 367PS(270kW)、最大トルク500Nmを発生させ、さらにエンジントランスミッションの間に配置された電気モーター「ISG」と「48V 電気システム」により、最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生。

詳細画像はこちら

トランスミッションは、9G-TRONIC オートマチックが組み合わされています。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現したとしています。

「GLE 300 d 4MATIC」には、前後 50:50 の固定トルク配分となる4MATICを、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」と「GLE 450 4MATIC スポーツ」には前後 100-0%〜0-100%の連続可変のトルク配分を行うことで、オンロードとオフロードの性能をさらに高いレベルで両立させた新開発の4MATICが採用されています。

注目ポイントの1つは居住性の向上。ホイールベースが先代よりも80mmも延長され、居住性と積載性が向上。さらに、Aピラーが先代より直立方向に起こされたため、乗降性も改善したとしています。

また、2 列目には同セグメント SUVとして世界初となる6ウェイフルパワーシートを全モデルに標準装備。レッグルームは、先代比69mm増の1,045mmに延長されています。さらに2列目左右のシートは約100mmの範囲で前後電動スライドが可能。「40:20:40」分割可倒式後席は電動角度調整式、左右ヘッドレストの高さは電動調整式になっています。全車標準装備の3列目シート(2人掛け)は可倒式で、フレキシブルなシートアレンジに対応。

積載性では、3列目シート使用時の荷室容量は160Lで、2、3 列目シートを倒すと最大2,055Lまで広がります。また、トランクスルーで積み込める横幅が72mm 拡大されたことで、長尺物もより簡単に積載できるようになりました。さらに、AIRMATIC サスペンション装着車は、スイッチ操作によりリヤの車高が約40mm下がり、よりスムーズな荷物の積み下ろしが可能。

詳細画像はこちら

安全装備では、最新世代の運転支援システムシステムが全車に標準装備されています。国内初導入の機能強化として、「アクティブ ブレーキ アシスト歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとする際に、対向車線を直進してくる車と衝突する危険がある場合、車速 10km/h以内であれば自動ブレーキが作動。対向車の検知は、フロントの長距 離レーダーセンサーステレオマルチパーパスカメラを使って行われます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら
「GLE 300 d 4MATIC」の価格は9,400,000円、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」は消費税8%の場合が10,890,000円、10%の場合が11,090,000円。「GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)」が8%の場合が11,320,000円、10%が11,530,000円です。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】3列シートSUVに大型化された新型メルセデス・ベンツGLEが登場。価格は9,400,000円〜(http://clicccar.com/2019/06/19/858982/)