2020年12月公開予定の映画『ウエスト・サイドストーリー』主演をアンセル・エルゴートが務めることがわかった。

ウエスト・サイドストーリー』(原題)は、スティーヴン・スピルバーグ監督が製作も兼任し、オリジナル・ブロードウェイミュージカルウエスト・サイド物語』を映画化した作品。1957年ニューヨークを舞台に、ジェットシャークという敵対する2つの非行グループの闘争の中、許されざる恋に落ちる男女の姿を描く。1961年に公開された映画『ウエスト・サイド物語』は第34回アカデミー賞で作品賞を含む10部門を受賞している。

主人公トニー役に決定したアンセル・エルゴートは、『ベイビードライバー』などで注目された若手俳優。また、マリア役には17歳の新人レイチェル・ゼグラーが配役されている。マリア役のレイチェルコロンビアアメリカ人で、SNSで人気アーティストカバー曲などを披露し、パワフルな歌声で注目を集めた人物。公開オーディションでは、30,000人の中から選ばれた現役高校生だ。

そのほかのキャストとして、ブロードウェイミュージカルトニー賞助演女優賞にノミネートされたアリアナ・デボーズがアニタ役で出演。シャークリーダーで。マリアの兄ベルナルドを『ビリーエリオット』のビリー役でトニー賞を受賞したデビィット・アルヴァレスが演じる。シャークのチノ役でジョシュアンドレス、シュランク警部補役でドラマストレイン 沈黙のエクリプス』のコリー・ストールキャスティングされており、50人以上の俳優、歌手、ダンサーなどの出演が決まっているという。また、前作でアニタ役を演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノは、今回はバレンティナを演じ、製作総指揮も務める。

キャストの発表とともに、劇中カットも公開。ニューヨーク街角でジェットシャークメンバー総勢11名の前でトニーマリアが見つめ合う姿が収められている。

なお、脚本はトニー・クシュナー氏(『ミュンヘン』『リンカーン』)が手がけている。振り付けはトニー賞振付賞受賞のジャスティン・ペック氏、音楽総指揮は『アラジン』『美女と野獣』『シカゴ』のマット・サリバン氏、製作はトニー賞受賞のケビン・マコラムと、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『レディプレイヤーズ1』のクリスティ・マコスコ・クリーガー氏が担当する。

ウエスト・サイドストーリー』は全米では2020年12月18日(金)、日本では2020年12月公開予定。

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』(原題 )公開:2020年12月公開予定