book-1620548_640_e


 8本だったり10本だったり、多数の触手には無数の吸盤。異世界を感じさせる魅惑のフォルム。刺身にしてもうまいし、煮ても焼いてもうまい。我々一般人だってタコやイカが大好きだ。

 だが我々以上に科学者たちは彼らの虜になっているという。

 科学者たちは「高度で複雑な生き物」として日々、頭足類(イカ、タコなどの軟体動物)の研究を進めている。しかしその謎はまだまだ奥が深い。

 彼らは、なぜそんなにも頭足類が大好きなのだろうか。科学者たちがその理由を熱く語っている動画が公開されていた。

―あわせて読みたい―

タコのゲノムは人間とほぼ同じ大きさ。並外れた知能を解き明かすヒントを発見(日米独研究)
コウイカ先輩ぱねぇっす!自らのオーラ(生体波)をコントロールし捕食者の目を欺くことが判明(米研究)
タコってやっぱ知恵ものなの?タコの知性を科学的に検証してみる。
タコが作った海底都市「タコランティス」の存在が明らかに(国際研究)
右利きは戦闘も交尾も有利。コウイカの利き手の世界(フランス)

頭足類ファンの為のイベント

 10月8日から5日間、「国際頭足類デー」なるイベントが世界各地で毎年開催されている。他にもアメリカでは今年、6月21日~28日までの1週間を「頭足動物週間」として、ニューヨークやLA、ワシントンD.C.サンフランシスコボストンなど全米10か所で記念イベントが開催される予定だ。

 イベントでは、頭足類好きの人々が集い合って、専門家を交えて盛りだくさんのアクティビティやトークショーなどが行われる。

 今回このイベントにちなんで『Science Friday』は科学者たちが頭足動物をこよなく愛する理由をシェアした動画を公開した。


Why We Love Cephalopods

科学者たちを魅了する頭足類

 動画の中では、大学や水族館で頭足類の研究に努める海洋生物学教授や、行動神経科学者および宇宙生物学者、神経生物学者など様々な科学者たちが、無脊椎動物の優れた知性や魅力的な解剖学的構造、カメレオンのような特徴や独特の個性などに焦点をあて、その素晴らしさを口にした。

4

水族館にいるタコやイカは、カラフルマジカルよ。そんな生き物が、私を見て反応してくれるの。

・本当に小さなサイズコウイカが、ダイビングマスクをつけた私の目の前に現れたの。目が合った途端にスミを吐かれたわ。

・ちらっと(タコ)を見たら、その瞬間にもう消えていたんだ。あっという間だった。

特に注目されているのはタコ

 ミステリアスな行動で科学者らを惹きつける頭足類の中でも、特にタコにはその小さな頭部に驚くべき知能が発達した脳があると言われている。

5

 昨年、タコの起源が宇宙に由来する可能性があるという研究論文が発表され話題を呼んだ。タコの並外れた知能と急速進化の理由は、宇宙由来のウイルスが入り込んだことで遺伝子情報が複雑化した可能性があるという。

・タコは宇宙由来?数億年前に宇宙から卵の状態で地球に飛来したとする論文が発表される(国際研究) : カラパイア

 論文発表によってタコの存在はますます謎深いものになった。動画では、科学者らから次のようなコメントが寄せられている。

・実際に宇宙船に乗らなくても身近に存在しているエイリアンに最も近いものといった感じだね。

・部屋の中にエイリアンがいると思いながら、毎日研究しているのは本当に楽しいわ。

・頭足動物は、本当に魅力的で人を惹きつけてやまない。知らないことがまだまだ多いから、もっと知りたいと思う探求心をそそられるし、想像が止まらないんだよね。

・水槽の中でタコを観察していると、自分がタコに観察されている気持ちになるよ。


10

複雑で類まれなる脳神経を持つが寿命が短い

 数々の研究の中で、頭足類は種類が多くユニークな遺伝子を持ち、長い歴史を生きてきた生物であることがわかっている。しかし、寿命はというと決して長くはない。

・知的でカモフラージュにも長けているこれらの生物が、もし2年以上の寿命を生きることができるのなら、きっと海の覇者になれるんじゃないかな。

・複雑な生態なのに、なぜ寿命が短いんだろう。


 科学者たちは、タコの脳が他の無脊椎動物の仲間と比べても複雑で素晴らしいにも関わらず脳神経や身体的特徴が他の生物に類を見ないこと、まして人間とは全く異なることに大きな興味を持っているようだ。

9

 どんなふうにタコの脳が長い歴史の中で発達して機能しているのかを知ることも、今後の大きな課題の1つだろう。

 タコについての素晴らしさは多々あるが、長い歴史を生き続けてきたタコは環境の変化に最も順応する能力がある生物と言われており、その理由を追究することは最も重要だとある科学者は述べている。

 発達、進化、変化、順応という点においては、右に出るものはいないとさえ言われているタコを、まさに海洋のシンボル的存在と呼ぶ科学者もいる。

10

シンプルに「好きでたまらない」

 研究を重ねても謎が深すぎるため、つい熱心に献身的な研究に励む科学者たち。彼らは、タコやイカがどれほどエキセントリックミステリアスで、そしてユニークかということについて、何時間も語り合えるほどの熱意を持っている。

 他のどんな科学者よりも熱狂的に研究に励むのは、「頭足動物が好きでたまらない」というシンプルな理由からなのだ。

References:laughingsquid/ written by Scarlet / edited by parumo
追記:(2019/6/20)本文を一部訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52275662.html
 

こちらもオススメ!

―水中生物についての記事―

魚だって恋人を失うと悲しい。オスを連れ去られたシクリッドのメスは悲観的になりふさぎ込むことが判明(仏研究)
こうやれば魚群リーチよ!子供に狩りのやり方を教える母イルカ(アメリカ)
海の中の天女かな。羽衣をヒラヒラさせながら虹色に輝きを放ち優雅に泳ぐ「ムラサキダコ」のメスの美しい映像
魚群リーチかな。5000万年前のすでに絶滅した魚の群れがそのまま化石の状態で発見される(米研究)
パタパタつるん!元気な赤ちゃんが2匹生まれたよ!感動的なマダライトビエイ出産シーン(アメリカ)

―知るの紹介記事―

特にタコはやばい。科学者たちはなぜそんなにも頭足類が大好きなのか?その理由を熱く語る
政治家の猫化?記者会見ライブ配信中、猫フィルターが起動してしまい別の意味で注目を集めていた件(パキスタン)
17世紀から現代まで!果物の王様なんだけどクセがすごいフルーツ「ドリアン」を食した西洋人の20の食レポ
料理の美味しさ、不味さは思ってる以上に「食感」が大きなカギを握っている可能性(米研究)
古代メソポタミア式、泣く子をあやす方法
特にタコはやばい。科学者たちはなぜそんなにも頭足類が大好きなのか?その理由を熱く語る