ロンドン 19日 ロイター] - 英与党・保守党の党首選は19日、第3回投票が行われ、欧州連合(EU)から強硬離脱も辞さないとする最有力候補のジョンソン前外相が143票を獲得、首位を維持した。前日の第2回投票で126票を得ており、支持を拡大した形だ。

投票は与党議員313人によって行われ、ハント外相が54票、ゴーブ環境相が51票、ジャビド内相は38票だった。

スチュワート国際開発相は27票にとどまり、党首選から脱落した。

投票は候補者が2人に絞られるまで続き、その後保守党党員による投票で勝利した候補者が党首になる。新首相は7月末までに選出される見込み。