打撃練習で左中間後方の住宅街を強襲→窓ガラスを割る→2年秋から金属バット使用禁止に

 日本ハムドラフト1位、吉田輝星投手が19日、金足農高時代の“怪力伝説”を明かした。DeNA戦(横浜)の練習で初のフリー打撃を行い、12スイングで安打性の打球は3本。初球から3スイング連続で空振りする場面もあったが、その後は木製バットを使いこなしていた。「(高校時代から)打撃練習は木製でやっていたので。金属だと(打球が)飛び過ぎちゃって、禁止令が出ていて……。今日は全然その面影はなかったですが」と告白した。

 金足農高の野球部グラウンドの左中間後方には民家などが建ち並んでいる。「高いネットがあったんですけど、その奥に老人ホームがあって……。(打球が)家に当たることがあったので。(民家までの飛距離は)100メートルは超えていたと思います」と振り返った。駐車中の車の窓ガラスを割ってしまうことは「しょっちゅう」。金属バット禁止令は2年秋からだったという。「駐車場の車に当たったりとか、結構被害(の声)が多かったので」と苦笑いで明かした。

 高校通算7本塁打。それでも、「(野球部内の)ホームラン競争だったら勝てたと思います。あの時はいい感じだった」とチーム一の飛ばし屋を自負する。昨夏の甲子園では20打数7安打の打率.3503回戦の横浜高戦で中越え2ランを放った勝負強さもある。

「1軍で2回目の登板なので、まだ打撃で楽しむとか、次の打席で何を打とうとか考えるよりは、その1イニング1イニングをしっかり抑えることで精一杯だと思う。とりあえず投球が崩れないようにしたいです。バントはしっかり決めないと、流れもあるので」。次回登板は中10日で23日の中日戦(ナゴヤドーム)が有力視されている。広いドーム球場で、秘めたパワーを解き放ちたいところだ。(Full-Count編集部)

日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】