レアルの宿敵バルサの主力を翻弄するプレーに「ペレス会長に笑みをもたらした」

 レアル・マドリード加入が決定している日本代表MF久保建英は現地時間17日、コパ・アメリカ南米選手権グループリーグ第1戦のチリ代表戦で先発フル出場を飾った。試合は0-4と大敗を喫することになったが、海外メディアは久保がバルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを翻弄したワンプレーに、「レアルの一員としての最初の大仕事をやってのけた」とスポットライトを当てている。

 コパ・アメリカ初戦で4-2-3-1システムを採用した森保一監督は、レアル移籍が決定し注目を浴びる久保をトップ下に起用。試合は両チームともに決定機を演出する一進一退の攻防となったが、日本が無得点に終わった一方、大会連覇中の王者チリは大半のチャンスをものにしており、勝負強さをまざまざと見せつけられる格好となった。

 そうしたなか南米メディア「BOLA VIP」は、「バルセロナは早くも苦悩することに。久保建英がビダルを粉砕し、フロレンティーノ(・ペレス会長)が微笑む」との見出しで報じ、後半12分のシーンに脚光を当てている。久保がペナルティーエリア手前でパスを受けた際、相手3人に囲まれていたが、ビダルのスライディンタックルを軽快なステップでかわすと、相手守備陣2人の間をトップスピードで走り抜け、左足を振り抜いた。

 最終的に強烈なシュートは惜しくも枠を逸れたが、記事では「新たなスター候補は完璧にビダルを粉砕することで、レアルの一員としての最初の大仕事をやってのけた。ビダルは久保を封じようと体を投げ出したが、18歳の若者に完全に嘲笑されることになった」と、バルセロナで活躍する守備的MFを見事に振り切ったプレーを紹介している。

「久保が見せたスパークは、ペレス会長に笑みをもたらしたに違いない」と指摘し、久保が宿敵バルサの主力を翻弄したことで、レアルに喜びを与えたことを強調していた。20日のウルグアイ戦にも、バルサの主力を務めるFWルイス・スアレスが在籍しているが、再びインパクトを与えることができるのか、日本だけでなく海外も注目しているようだ。(Football ZONE web編集部)

(左から)日本代表MF久保、チリ代表MFビダル【写真:AP】