漫画『キャッツ・アイ』や『シティーハンター』で知られる漫画家北条司の初総監督作品となる長編オムニバス実写映画『エンジェルサイン』が、女優・ミュージシャンの松下奈緒と俳優・ミュージシャンディーン・フジオカダブル主演で製作されることが決まった。

【写真】『エンジェルサイン』フォトギャラリー

 本作は、せりふを使わない短編作品を募集する「サイレントマンガオーディション」に世界108ヵ国・地域から寄せられた作品6888編の中から選び抜かれたアジア・欧州の受賞作品を実写化。北条が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス作品となっている。

 「プロローグ」と「エピローグ」は各作品をつなぐ重要な役割を果たしており、総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取る。全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっている。

 松下とフジオカは「プロローグ」「エピローグ」のキャストとして登場。若き音楽家として同じ夢を追いかける恋人同士を演じる。

 チェリストのアイカ(松下)とピアニストのタカヤ(フジオカ)。恋人同士の二人は「いつか二人の音楽で、世界中の人々を感動させたい…」と夢を追いかけていた。アルバイトをしながら曲作りに没頭するタカヤと、彼を見守るアイカ。しかし、「エンジェルサイン」というチェロピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤは帰らぬ人となってしまう。アイカが、チェロのみで演奏する「エンジェルサイン」。やがて、その曲は世界に広まっていき…。

 松下は「サイレントムービーチェロ演奏も初めての経験でしたので、撮影はとても濃厚に感じました。台詞がないのでディーンさんとその場に合った台詞でお芝居をしていたので、とても良い緊張感がありました。言葉や文化が違っていても、主人公と同じ気持ちになれる。そう改めて感じられた撮影現場でした」とコメント

 フジオカは北条について「あんなにディレクターチェアーに座って、サングラスが似合う監督はウォン・カーウァイか北条先生じゃないでしょうか(笑)。そういうハードボイルドビジュアルから想像できない柔らかさがあって、本当に現場は自由でした」と語った上、「僕の世代の男の子だったら、(『シティーハンター主人公の)冴羽りょうみたいな男になりたいというボーイドリームは、皆持っていたと思うので、北条先生の作品の一部に参加させていただけるとのことで、すごく光栄です」としている。

 映画『エンジェルサイン』の公開日などは後日発表。

『エンジェルサイン』に主演する(左から)松下奈緒、ディーン・フジオカ(C)「エンジェルサイン」製作委員会