今年は違う。そう思っているG党は世の中に多いはずである。巨人が好調だからだ。

JBpressですべての写真や図表を見る

 6月19日オリックスバファローズ戦(東京ドーム)こそ3-4で競り負けたものの、今年の交流戦では5年ぶりとなる優勝の可能性を残している。19日現在で5カード連続勝ち越し中、そして交流戦でもたついている広島東洋カープと入れ替わってセ・リーグ首位の座も僅差ながらキープ。まだまだこの先に大きな波乱がいくつか待ち受けているとは思うが、応援するG党にとっては、何とかこのまま2014年以来のリーグ制覇へ突っ走ってもらいたいところだろう。

巨大補強が「大成功」していないのに快走の理由

 ただ冷静に振り返ってみれば、チームはいつ急降下しても不思議はない状態にあった。昨オフに強行した巨大補強がお世辞にも「大成功」とは呼べない状況に陥ったからである。確かに国内FA権行使で獲得した前広島の丸佳浩外野手は19日現在で打率3割を切ったものの、それなりの活躍で期待に応えていると言えるだろう。

 加えて、勝手知ったるパ球団相手の交流戦になってから徐々にベテランらしい存在感を発揮し始めた前埼玉西武ライオンズ炭谷銀仁朗捕手もまた、ここに来て評価を上げている。

 だが、まるで安定しないクリスチャン・ビヤヌエバ内野手と、この19日のオリックス戦が故障から復帰直後の登板だったにもかかわらず、いきなり打ち込まれたライアンクック投手の元メジャーリーガコンビには、〝ハズレ助っ人臭〟がプンプンと漂っているのが現状だ。

 そしてこの日、古巣オリックス相手にようやく移籍1号を放ったとはいえ早々と二軍落ちも経験している中島宏之内野手や、未だファームで一軍合流予定日の定まらない前シアトル・マリナーズ岩隈久志投手に対しても「一体何のために大枚をはたいて獲ったのか」と疑問視する声が絶えない。

 このパターンだと普通に考えれば、チームは大失速しそうなものだ。巨大補強を経て主力と見込んでいた多くの大物選手たちの当てが外れたのだから、チーム編成はグチャグチャになって今ごろはダッチロールを繰り返していてもおかしくはない。ところが現在の巨人はしっかりとリーグの首位争いを繰り広げ、交流戦でも頂点を十分狙える位置にいる。

 何とか踏ん張りながら好調モードを作り出しているのは、やはり原辰徳監督の手腕が大きい。全権監督として巨大補強にゴーサインを出した張本人ではあるが、一方でこうした最悪の場合を想定し、極めて早い段階から控えの若手選手たちにも目を配っていた。

大型補強の裏でヤングGにもしっかり目配り

 これまでの巨人では、補強に失敗すると、期待を裏切った新戦力とともに、まるで一蓮托生のような形で急落していくことが多かったのは否めない。

 過去にこうした悪しき前例があることを百戦錬磨の原監督も十分踏まえていたのであろう。昨オフ就任直後の秋季キャンプ、そして早々に指揮を執った昨年11月のエキシビションゲームMLBオールスターズ戦から若手発掘に心血を注いでいたのも、恐らくそのためである。「巨大補強ばかりにまい進し、肝心の若手育成がおざなりになっている」との批判を受けながらも、その裏側では新戦力がコケた場合のことも想定し、きちんとヤングGたちに目を配っていたのだ。つまりは不測の事態に備えた危機管理を万全にするため、しっかりと代役要員も固めておく「プランB」も抜かりなく準備していたのである。

 その「プランB」の面々が、今季の原巨人では躍動している。新戦力ではないが、チームは不動の二塁手としてさらなる飛躍を見込んでいた吉川尚輝を開幕早々から腰痛による長期離脱で失う。これはかなり手痛いダメージかと思われたが、原監督ら首脳陣は山本泰寛田中俊太を代役でスタメン起用し、その穴埋めに成功。そして新戦力のビヤヌエバが二軍に落ちると、ユーティリティープレーヤーの田中を三塁でスタメン起用するケースも見られた。

 プロ2年目の北村拓己や、昨季に育成から支配下登録されたばかりの増田大輝といった若手内野手たちも一軍に引き上げるなど未完の大器たちにチャンスを与えることも怠っていない。

 もちろん彼らも当然ながら安泰ではない。ふと気がつくと一軍からいなくなった前出の若手メンバーは多数を占めており、今も二軍との激しいメンバー入れ替えが頻繁かつドラスティックに行われている。ちなみに現在の交流戦で正二塁手の座をつかもうと連日のスタメン出場で自慢の打力及び走力とともに必死のアピールを続けているのは、2年目の若林晃弘だ。

用意周到な「プランB」

 ビヤヌエバだけでなくアレックス・ゲレーロ外野手も大砲としてまったく計算が立たなくなる中、新5番には2年目の大城卓三捕手も台頭。大いに売り出し中で、一塁と捕手を兼務しながら勝負強い打撃でチームの白星量産に貢献している。思えば、この大城にも今年春の那覇二次キャンプで原監督は密かに「強化指定選手」として内角打ちの極意について密着指導を繰り返していた。大城は原監督と同じ東海大相模高、東海大のOBで先輩後輩の間柄だけに、うがった見方をする人から「潜在能力もないのに、単に〝えこひいき〟されているだけじゃないのか」との声も出ていたが、その批判が完全に的外れであったことを証明した格好だ。

 原監督としても「プランB」の急先鋒として後輩の大城が大暴れしてくれているのは、嬉しい限りであろう。

 野手陣だけではない。守護神候補だったクックの誤算でブルペンも崩壊危機だったが、代わって同じく東海大OBの中川皓太クローザーとして抜擢され、その地位を築き上げている。入団以来長らくパッとしなかった4年目の25歳右腕・桜井俊貴リリーフとして活路を見出すと、原体制のもとで今月から先発復帰を果たして2連勝。先発ローテーションに加わった。

 古参の球団関係者は、こうした原監督の「プランB」について「かなり用意周到だ」と評価し、こう続ける。

「大型補強で獲得してきた選手を特別扱いするわけでもなく、能力があれば代わって若い選手を中心に次々と上へ引き上げていている。もちろん不測の事態に備えて原監督が前もって『プランB』を準備していたからこその流れだが、それだけではない。

 巨大補強によって『もうチャンスがない』と諦めることのないように、若い選手たちに一軍への門戸を例年以上に大きく開けている。恥ずかしいことかもしれないが・・・。シーズン中のスタッフの入れ替えも含め一軍とファームの連携が、ここまで密になっているのはたぶん巨人の歴史上でも初めてなのではないか。それもこれも今年から3度目の指揮官就任となった原監督の経験値が大きくモノを言っているのだと思う」

 大型補強の成果がパッとしないとはいえ、それまで懸案事項となりそうだった若手の底上げを着実に敢行し、見事に成績へ反映させている。この勢いを保ち続け、原監督はシーズン最後にも笑顔を見せることが果たして出来るのか。注目したい。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  吉田輝星が「ハンカチ化」する危険は消えたのか

[関連記事]

韓国は「トロフィー踏みつけ」を反省しているのか

巨人の「巨大補強」、やはり失敗だったのか