コパ・アメリカ第2戦ウルグアイ戦に向けて「チームとして上回っていければいい」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)。前日練習を終えたMF久保建英FC東京レアル・マドリード)は強敵を前に「名前でサッカーをするわけじゃない」と強気な姿勢を見せている。

 17日のチリ戦(0-4)で、久保は4-2-3-1システムトップ下として出場。代表初の先発フル出場を果たし、華麗な股抜きをはじめ、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)らを翻弄する2人抜きドリブルから強烈なシュートお見舞いするなど存在感を示した。

 ウルグアイはFWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)やFWルイス・スアレスバルセロナ)をはじめ、DFホセ・マリア・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)、DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)ら主力の起用が予想されている。

 そんなウルグアイ戦に向けて久保は「名前でサッカーをするわけじゃない」と発言。「90分で、ホーム&アウェーでもないので、次に必ず対戦する保証もない。今までの実績とかはリスペクトしつつ、自分たちも自信を持っていかなければいけない」と“打倒ウルグアイ”を期す。

「向こうのほうが良いチームに所属している選手はたくさんいると思う。ただ試合は1人でやるものじゃないし、向こうも他に選手はいます。特にどこだからではなく11対11の戦いだと思っている。そこでチームとして上回っていければいい」

 名前や所属クラブ名は関係ないと言い切った久保は、ウルグアイ戦でチームを勝利に導くプレーを見せてくれるだろうか。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

日本代表MF久保建英【写真:Football ZONE web】