広瀬すずが出演する「三ツ矢サイダー」の新テレビCM『やりきろうぜっ KICKBOXING』編が6月23日より全国でオンエアとなる。それに先駆けCM本編が解禁となったほか、6月19日に21歳の誕生日を迎える広瀬が、バースデーケーキの上に立てられた21本のロウソクの火を、右ストレートで吹き消すことに挑戦するWEBムービー広瀬すず 誕生日チャレンジ』も解禁となった。

広瀬すずがパンチでロウソクの火消しに挑戦、その他の写真

 

実はキックボクシング歴2年という広瀬が、新CMでは「やりきろうぜっ、ジブンらしく。」を体現する若者たちの代表としてキックボクシング姿を披露。WANIMAの楽曲「夏のどこかへ」が流れる中、広瀬は真剣な表情でキレのあるキックや力強いパンチを次々と繰り出すと、「誰かにじゃなくてジブンに対して負けたくないって思う」というメッセージが読み上げられる。自分の限界までハードトレーニングをやりきる広瀬の姿と、爽快感溢れる「三ツ矢サイダー」が「すがすがしい」CMに仕上がっている。

広瀬すず 誕生日チャレンジ』では、日頃からキックボクシングで鍛えている広瀬が、その高速右ストレートで起こす風で、21本のロウソクの火をすべて消せるかにチャレンジ。気合いを入れて繰り出したパンチで、はたしてすべてのロウソクの火を消すことができるのかにも注目だ。

また、同時にメイキングインタビュー映像も解禁。メイキング映像は、トレーニングウェアに身をつつんだ広瀬が撮影現場となったジムに入るシーンからスタート。広瀬はフットワークも軽く、強烈なキックパンチの連打を披露し、ジム内に快音を響かせ、スタッフからは驚きの声が上がったという。

インタビュー映像では、撮影を終えての感想を聞かれ、「ここまで1日中(キックボクシングを)やり続けることってなかなかないので、ある意味気分転換になりました。体力的には、やっぱりキックボクシングって疲れるなと思いました」と語ると、キックボクシングにハマった理由については、「お兄ちゃんアクション映画を好きで、その影響でずっと家で見ていたこともあって、強くなりたい、戦えるようになりたいと思って。そしたら、たまたま事務所の先輩が(ジムに)行っていたので、ついていきました」と明かしている。