イギリスBBC』は19日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ氏(享年28)の死亡に関与した疑いがある男の逮捕を報じた。

今年1月にナントからカーディフ移籍が決まったサラは同月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機でフランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。捜索再開後の2月3日早朝に海底に沈む小型機の残骸からサラの遺体が見つかり、死亡が確認された。

不慮の事故として終息するかに思われた同件だが、一転して殺人事件の可能性が浮上。その後の捜査を経て、ドーセット警察が19日にノース・ヨークシャー州の64歳男性を過失致死の疑いで逮捕したという。だが、男性は事情聴取に応じた後、すでに釈放された模様だ。

なお、現時点で具体的な容疑の内容について明らかにされていない状況であり、ドーセット警察は調査の妨げになりかねないため、不確かな憶測を立てたり、男性の身元を探るような推測報道の自粛を求めているとのことだ。

サムネイル画像