ラリー中に相手選手が負傷、真っ先に相手コートまで駆け寄って肩を貸す

 男子テニスフィーバーツリー選手権は19日、シングルス1回戦でスタン・ワウリンカスイス)がダニエルエヴァンス(英国)に6-3、6-4でストレート勝ち。2回戦進出を決めたが、試合中にファンの喝采を呼ぶシーンがあった。ラリー中に足を滑らせ、倒れ込んだエヴァンスに対し、ワウリンカが真っ先に相手コートまで駆け寄り、肩を貸そうとした。“咄嗟の神行動”の実際のシーンを「ツアー最高にいい人」と海外メディアが動画付きで公開。「スタンは紳士だ」などと絶賛が起こっている。

 これぞ、スポーツマンシップという場面だった。第1セット第5ゲームワウリンカバックサイドに放った一打に逆を取られ、エヴァンスが芝に滑って崩れ落ちた。そのままワウリンカポイントとなったが、エヴァンスはうつ伏せに倒れ、起き上がることができない。しかも、足を芝に何度も叩きつけるような苦悶のアクションを見せ、痛がっている。

 会場が息を呑む中、真っ先に行動を取ったのが、相手コートにいたワウリンカだった。ネットの脇から走って駆け寄り、スタッフよりも先に対戦相手であるエヴァンスのもとへ。背中に手をやり、顔を覗き込みながら心配そうに声をかける。そればかりではない。ようやく立ち上がったエヴァンスに肩を貸すようにして、背中を支えてあげたのだった。

 ワウリンカの優しき行動をATP公式中継サイトテニスTV」公式インスタグラムが「ツアーで最高にいい人の一人。ワウリンカ素晴らしいスポーツマンシップ!」という賛辞とともに動画付きで公開。すると、目の当たりにした海外ファンも反響を寄せた。

海外ファンも感動「ワウリンカ素晴らしいスポーツマンシップ

「スタンは紳士だ」
ワウリンカ素晴らしいスポーツマンシップ
「愛と喜びのスポーツ
「真のスポーツマンシップ
「彼が大好き」

 コメント欄では、このように喝采が続々。「自分も痛みを感じるくらい痛そうだ」「痛い! 可哀想な選手だ」とエヴァンスを慮る声も相次いだ。グラスコートにサーフェスが変わり、しかもこの日は雨で試合中断になるなど、足が取られやすいコンディションだった。

 結局、試合はワウリンカストレート勝ち。見事に2回戦進出を決めたが、そんな一戦でも心優しきスイス名手の対応がスポットライトを浴びていた。(THE ANSWER編集部)

ワウリンカはエヴァンスに勝利し2回戦進出を決めた【写真:Getty Images】