炭酸飲料がおいしい夏、あの「ファンタ」に新風味が登場。ファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』は、ヨーロッパではおなじみの人気フレーバーだという。でも「ソカタ」ってそもそも何!? どんな味? 日本人には謎すぎる新商品を、実際に飲んでためしてみた!

 

ヨーロッパでは「ファンタオレンジ」に次ぐ人気者! 「ソカタ」味が日本初上陸

コカ・コーラシステムファンタ」は、グレープやオレンジをはじめ、様々なフレーバーを展開する炭酸飲料。世界各国で愛されている、安定のおいしさがいい。

 

そんなファンタがこの夏スタートしたのが「ファンタ 世界のおいしいフレーバー」。その名の通り、世界各国で愛されている味わいをファンタに取り入れた新シリーズ。「日本人がこれまで体験したことない味わい」がテーマだというから期待大!


第1弾となるのが6月10日より発売されているファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』(250ml缶・希望小売価格 税抜115円・2019年6月10日発売)。まだ目にしていないなと思う人も多いかもしれないが、それはコンビニなどではなく全国の自販機で発売されているから。しかも期間限定で今だけの味わいだ。

パッケージの花は「エルダーフラワー」。日本ではコスメで有名。

パッケージ爽やかな青に、レモンと白い花のイラスト。夏らしい、テンションの上がるデザインだ。なになに、「ソカタ味はエルダーフラワーの香りとレモンの味わい」という…。ハーブティーに詳しい人ならともかく、あまり縁のない人にとっては、そもそもこれっておいしいの? と思わず疑問形で尋ねてしまうフレーバー。そもそも自販機で転がり出てくることはほとんどないのは間違いない。

この『ソカタ』とは、ルーマニアの国民的な飲料からヒントを得て作られたフレーバー。マスカットのような甘い香りのエルダーフラワーから作られる飲料で、ヨーロッパでは“ソカタ”フレーバーの「ファンタ」が「ファンタ オレンジ」に次ぐ人気を誇るという。世界で9億本以上販売され、ヨーロッパではかなり人気のあるファンタなのだとか。


エルダーフラワーといえば、缶イラストにあるように真っ白な花。日本でもコスメやハンドクリーム、香水などのアイテムでたまに見かけることがある。ただ清涼飲料水として取り入れられるのは、珍しい。ちなみにエルダーフラワーの香りには他に、癒しやストレス緩和などがあるといわれている。

ファンタ ソカタ』2019年6月10日より新発売!期間限定!

さらにハーブティーとして飲むと、利尿作用があり毒素の排出に優れているほか、発汗・抗ウイルス作用があるとも。夏にぴったりのハーブとしてヨーロッパでは民間療法的に使用されたりもする。日本人にはなじみのない味わいだけれど、知れば知るほど興味深い。さっそく試飲してみよう。

 

 

『ファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』は意外に親しみやすい味だった!?

ファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』は果汁3%の炭酸飲料。「ファンタ」らしい強炭酸に、日本初上陸の味わいをプラスした期間限定フレーバー。グラスに注ぐとやや白っぽい、乳白色のドリンクで、シュワシュワの気泡が夏らしい気分にしてくれる。梅雨でじめっとした雰囲気を吹き飛ばしてくれそう。

香りはほとんどなく、かすかに甘いにおいがする。マスカットと言われればマスカットかも…? でも不快な香料の香りはなく、すっきり爽やか

まずは一口、いただきます! ゴクッと飲むと、口の中にまず強力な炭酸の刺激が広がり、自然でやさしい甘さがある。乳酸菌飲料みたいな味わいかも。後味がレモン爽やかさで、ものすごくさっぱりした乳酸菌飲料という感じだった。「ホワイトソーダ」(ダイドードリンコ)に近い味だと思う。

甘いのに爽やかで後味スッキリ、というちょっと不思議な感覚がいい。確かに初めて飲む味なのに、「懐かしい」とか「どこかで飲んだことがある」と思う親しみやすいフレーバーだった。「日本人がこれまで体験したことない味わい」ということだったが、そこは…。30代以上なら懐かしいと思うかも!?

新しいものは絶対チェックする人はもちろん、変わり種は苦手という人にもどちらにも受け入れられそうな味で、このあたりの安定感というかクオリティの高さはファンタらしいなと思う。ぜひ一度飲んでみて!

ファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』の入手は、全国の自動販売機などで6月10日より期間限定で可能になっている。

日本初上陸の「ソカタ」って何味!? 『ファンタ 世界のおいしいフレーバー<ソカタ>』の味わいを確認