スクウェア・エニックスは、2020年3月20日発売予定のプレイステーション4ソフトファイナルファンタジーVII リメイク』の情報を公開した。バトルシステムオリジナル版では探索できなかったロケーションなどを盛りだくさんに紹介する。

FF7 リメイク北瀬佳範プロデューサーコメントとデモプレイで固有アビリティの存在などさらなる新情報が判明! 2作目の企画・プロットも並行して進行中【E3 2019】
https://www.famitsu.com/news/201906/18178194.html
【動画あり】『FF7 リメイクバトルシステムまとめ&試遊追加リポート【E3 2019】
https://www.famitsu.com/news/201906/13177992.html

現在の技術だから再現・再生できた『FF VII』! オリジナル版では探索できなかったロケーションも登場

ストーリー
星から吸い上げた生命エネルギー《魔晄》。

《ミッドガル》―― 八基の魔晄炉を有する階層都市。
魔晄によって世界を掌握した巨大企業神羅カンパニー》と星を守るために立ち上がった反神羅組織《アバランチ》が激突する。

ソルジャークラウドは、傭兵としてアバランチの《壱番魔晄炉爆破作戦》に参加していた。

魔晄炉爆破の余韻響く八番街。炎に包まれる街で、死んだはずの宿敵の幻影が揺らめく。

消し去りたい過去の幻影に導かれ、彼女と出会う。

花売りの女性が差し出した黄色い花。
花言葉は ――《再開》
その刹那、ふたりを取り囲む黒い影 ――《運命の番人》。

今、想いが再び星を巡る。


【画像43点】「『FF7 リメイク』クラウドやエアリスの美麗CG公開。バトルシステムや新たに追加されたロケーションの解説も」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

キャラクター


「勝手に仲間にするな。仕事が終われば他人だ」

クラウド・ストライフ
ソルジャークラス1st
神羅を抜けたあと、ミッドガルで《なんでも屋》を始める。
幼馴染ティファに誘われ、傭兵としてアバランチの作戦に参加する。
バスターソード》を背負い、報酬のために仕事をこなす。
「星を守る」思想に共感したわけではなく、あくまでも仕事 ―― のはずだった。


「あの時こうすれば良かった ―― って後悔しないように」

エアリス・ゲインズブール
伍番街スラムに住む花売り。
壱番魔晄炉が爆破された夜にクラウドと出会う。
星の声を聞くという特殊能力を持つ。
そのため、幼少期より神羅の監視下に置かれた。
伍番街にある寂れた教会に通い、花の世話をしている。



イベントシーン


 八番街で出会うクラウドエアリスキャラクターのより繊細な表情の変化により、物語への没入感がより高められる。


 地下下水道で追い詰められたクラウドティファが共闘するシーン


 マテリアクラウドに渡すジェシー。バレットだけでなく、アバランチメンバーに焦点を当てたイベントが豊富で、メンバーの絆がより深く描かれる。


 クラウドの前に姿を現すセフィロス


バトルシステム
 敵の弱点ポイントや行動パターンを見極め、魔法やアビリティを選択する。『FF』らしいコマンドバトルと直感的なアクションが融合した戦略性が高いバトルシステム


 フィールドバトルの区切りがないシームレスバトル


 操作キャラクターボタンひとつで切り替えられる。切り替えずとも仲間へコマンドを直接指示することも可能。


 クラウドは剣での近距離戦がメインだが、バレットは遠距離戦で活躍し、エアリスは魔法を得意とするなど、キャラクターごとにプレイスタイルにも特性がある。
バトルシステム2
 ATBゲージを消費することで“アビリティ”、“魔法”、“アイテム”などのバトルコマンドが使用可能。


 リミットブレイクやマテリア召喚獣など、オリジナル版の主要要素は踏襲。上の写真は、エアリスリミットブレイク“癒しの風”を発動中。


 バトルコマンドボタンショートカットを登録可能。ボタンひとつで発動するので、豪華なアクションプレイをしたい方におすすめ。クラウドリミットブレイク”凶斬り”を発動中。


 バトルコマンドを開くと時間の経過が遅くなる。アクションが苦手な人でも焦らずじっくりとプレイが可能だ。


ロケーション
 『FFVII』でおなじみのロケーションを高クオリティーで忠実に再現。オリジナル版では探索できなかったロケーションも複数追加されている。


商品構成(パッケージ版/2枚組)


発売日:2020年3月3日(火)発売予定
希望小売価格:9,698円[税込]


店舗別購入特典

セブンネットショッピング


野村哲也描き下ろし“FINAL FANTASY VII REMAKE”ミニアクリルスタンド(セブンネットショッピング限定購入特典)


召喚マテリア“コチョコボ”(DLC)


Amazon.co.jp


オリジナルPS4ダイナミックテーマ(Amazon)


スクウェア・エニックス e-STORE


スチールブックケース(e-STORE限定購入特典)


召喚マテリアサボテンダー”(DLC)

※予約開始タイミングは各販売店様により異なります。
※“FINAL FANTASY VII REMAKEゲームソフトパッケージは、リバーシブルジャケット仕様です。
※店舗別購入特典は、数量限定です。数に限りがございますので、あらかじめご了承願います。
※各種デジタル特典を購入いただくためには、インターネット接続環境が必要です。
※各種デジタル特典は、後日有料で頒布される可能性がございます。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。



商品構成(ダウンロード版)
通常版


発売日:2020年3月3日(火)発売予定
価格:9,698円[税込]


DIGITAL DELUXE EDITION


発売日:2020年3月3日(火)発売予定
価格:11,291円[税込]
内容物:FINAL FANTASY VII REMAKE(ダウンロード版)/デジタルアートブック/デジタルミニサウンドトラック


早期購入特典


召喚マテリアカーバンクル”(DLC)


PS4ダイナミックテーマ(PS Store)

PlayStation Storeよりご予約いただいたお客様は発売日前にダウンロードすることができ、発売当日0:00以降すぐにプレイ可能です。
※早期購入特典は、2020年3月31日(火)までにPlayStation Store上で本作をご購入いただいた方のみ入手することができます。
※各種デジタル特典は、後日有料で頒布される可能性がございます。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。



商品構成(パッケージ/2枚組+フィギュアセット)


発売日:2020年3月3日(火)発売予定
希望小売価格:36,698円[税込]
内容物:FINAL FANTASY VII REMAKE(パッケージ版/2枚組)/FINAL FANTASY VII REMAKE プレイアーツクラウド・ストライフ&ハーディ=デイトナ


店舗別購入特典

セブンネットショッピング


野村哲也描き下ろし“FINAL FANTASY REMAKE”ミニアクリルスタンド(セブンネットショッピング限定購入特典)


召喚マテリア“コチョコボ”(DLC)


スクウェア・エニックス e-STORE


スチールブックケース(e-STORE限定購入特典)


召喚マテリアサボテンダー”(DLC)

※予約開始タイミングは各販売店様により異なります。
※“FINAL FANTASY VII REMAKEゲームソフトパッケージは、リバーシブルジャケット仕様です。
ゲームソフトフィギュアの数量限定のセット販売です。
オリジナルの化粧箱等に同梱された商品ではございません。
※本商品は、スクウェア・エニックスe-STORE、およびセブンネットショッピングの数量限定商品です。
※店舗別購入特典は、数量限定です。数に限りがございますので、あらかじめご了承願います。
※各種デジタル特典を購入いただくためには、インターネット接続環境が必要です。
※各種デジタル特典は、後日有料で頒布される可能性がございます。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。



商品概要
タイトル:『ファイナルファンタジーVII リメイク
対応機種:プレイステーション4
ジャンルRPG
発売日:2020年3月3日(火)発売予定
希望小売価格:9,698円[税込]
CERO:審査予定

FINAL FANTASY VII REMAKEとは
 オリジナル版『ファイナルファンタジーVII』主要スタッフが手掛ける『ファイナルファンタジーVII リメイク』。


壮大な物語や魅力的なキャラクター、当時の最先端技術が駆使された映像で多くの人を魅了した不朽の名作が、時を経て「新たな物語」として生まれ変わる。

コマンドバトルと直感的アクションが融合することで戦略性は高くなり、20年前には不可能だったグラフィック技術によって『ファイナルファンタジーVII』の世界をリアルに再現、再生する。

※本作は1997年に発売された『ファイナルファンタジーVII』(原作)のリメイク作品です。ミッドガル脱出までの原作を元にオリジナル要素を加えた作品となり、複数作で展開予定の第一作目です。






(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO