森保監督は4-2-3-1の継続を示唆 ウルグアイの4-4-2との相性を考慮して3バック回避か

 森保一監督率いる日本代表は現地時間20日のコパ・アメリカ南米選手権)第2戦(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する。初戦のチリ戦で0-4と大敗を喫したなか、スタメンは果たしてどのような顔ぶれとなるのか。

 森保ジャパン発足後の2018年10月にも対戦(4-3で勝利)しているウルグアイは、言わずと知れた南米屈指の強豪国だ。FWルイス・スアレスバルセロナ)とFWエディンソン・カバーニダブルエースを中心に、攻撃を仕掛けてくる。今大会初戦のエクアドル戦では2人がゴール揃い踏みに加え、MFニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース)も得点を挙げるなど4-0で快勝。ウルグアイメディアの一部報道では、引き続き4-4-2を採用し、スアレスカバーニもスタメン出場する見込みだという。

 チリ戦は新体制発足後にメインシステムとしてきた4-2-3-1を採用。19日の前日トレーニング後に森保監督は「ベースは前回の形ですね。3バックで3-4-3と、(ウルグアイの)4-4-2はミスマッチ」と話しており、システムの継続採用を示唆している。ウルグアイ戦でも4-2-3-1でスタートすることになりそうだ。

 GKは早稲田大出身のルーキー、小島亨介(大分トリニータ)を起用か。チリ戦でA代表デビューを飾ったGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)を連続で先発させる可能性もあるが、小島も東京五輪出場を目指すU-22日本代表では正守護神を務めている。所属クラブでは公式戦2試合に出場したのみとはいえ、より多くの選手に世界を体感させる意味でも、22歳の新顔がデビューを飾るかもしれない。

 4バックはDF冨安健洋(シント=トロイデン)とDF植田直通(セルクル・ブルージュ)のセンターバック2人は継続起用。右サイドバックは、攻撃参加に定評のあるDF岩田智輝(大分トリニータ)か。チリ戦で負傷したDF原輝綺(サガン鳥栖)も前日練習には参加したが、森保監督は“ベスト”の状態の選手を選択しそうだ。左サイドバックはDF菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)も控えるが、守備面を重視してチリ戦に続いてDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)が入るだろう。チーム最長身の191センチを誇るDF立田悠悟(清水エスパルス)をセンターバック、ないしは所属クラブプレーする右サイドバックに入れ、最終ラインにハイタワーを形成するプランもありそうだ。

柴崎、中島、上田を残し大幅変更 18歳MF久保は流れを変える切り札として途中投入か

 2ボランチは、攻守の要でキャプテンを担うMF柴崎岳(ヘタフェ)はやはり中盤には欠かせない。注目はその“相棒”だが、チリ戦で失点に絡んでしまったMF中山雄太(PECズヴォレ)に代えて、身長186センチのサイズと技術を兼備するDF板倉滉(フローニンゲン)を抜擢か。縦パスを武器とするMF松本泰志(サンフレッチェ広島)も候補の1人だろう。

 攻撃の鍵を握るのが2列目だ。「10番」を背負うMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)は、軸として残すと見られる。チリ戦では後半21分に交代しており、連続スタメンでも負担は少ないはずだ。残る2席はチリ戦で途中出場からリズムを変えたMF三好康児(横浜F・マリノス)、キレのあるドリブルで相手を翻弄できるMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)か。チリ戦でフル出場した18歳MF久保建英FC東京レアル・マドリード)は負担も考慮して、流れを変える切り札として途中投入するのが現実的だろう。

 1トップは、チリ戦で再三のチャンスに絡んだFW上田綺世(法政大)。圧倒的なスピードを誇るFW前田大然(松本山雅FC)は、チリ戦の負傷により欠場を監督も明言している。経験を買ってベテランFW岡崎慎司レスター)への変更も可能性は十分だが、森保監督は上田に挽回のチャンスを与えるのではないか。

 スアレスカバーニダブルエースを擁する強豪ウルグアイを打ち破ることができれば、東京五輪世代の若手たちの大きな自信になるだろう。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

ウルグアイ戦の日本代表予想布陣図【画像:Football ZONE web】