ブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019日本代表は18日にグループステージ第1戦でチリ代表と対戦、結果は0-4の完敗だったが、日本にも得点のチャンスはあったのは事実。今回、対戦するウルグアイ代表はより、ディフェンダー陣の実力は上がるが、課題を自信に変える為には十分な相手だろう。

 今回はそんな日本代表ウルグアイ代表との一戦を英大手ブックメーカー188BET』が設定するオッズで見ていく。

 最初に勝敗オッズと先制点予想オッズを紹介する。

勝敗オッズ

日本の勝利:17.0倍
ウルグアイの勝利:1.18倍
引き分け:6.80倍

 勝敗オッズはGC第1戦の結果がウルグアイ代表が圧倒的に人気に表れている。

先制点予想オッズ

日本が先制:4.65倍
ウルグアイが先制:1.18倍
ゴール無し:18.5倍

 先制するチームを予想するオッズでもウルグアイが圧倒的有利なオッズになっている。

 次に合計ゴール数と合計スコアのオッズを紹介する。

合計ゴール

0~1点:4.60倍
2~3点:2.08倍
4~6点:2.60倍
7点以上:14.5倍

 両チームの合計得点を予想するオッズは上記の通り。2~3点が1番人気となっているが、4~6点と7点以上のオッズもほかの試合に比べると人気を集めている。やはり、「ウルグアイの大差勝ち」を予想する人も少なくないようだ。

合計スコア

1番人気:【0-2 ウルグアイ勝利】5.6倍
2番人気:【0-3 ウルグアイ勝利】6.8倍
2番人気:【その他】6.8倍
4番人気:【0-1 ウルグアイ勝利】7.0倍
5番人気:【1-2 ウルグアイ勝利】10.0倍

 合計スコアを予想するオッズでもうウルグアイ勝利のオッズが圧倒的人気を集めた。5番人気まで10倍以下になることはそうそうない。また【その他】は片方のチームが5点以上得点を奪った時のスコアのことを指している。

 なお、日本の勝利のスコアでは【1-0 日本勝利】36倍が最低オッズとなる。

 最後に得点者を予想するオッズをチームごとに紹介する。

ウルグアイ代表得点者予想オッズ

ルイス・スアレス:1.5倍
エディンソン・カバーニ:1.6倍
マキシゴメス:2.0倍
クリスティアン・ストゥアニ:2.2倍
ジョナタン・ロドリゲス:2.2倍
ガストン・ペレイロ:2.5倍

 バルセロナルイス・スアレスパリ・サンジェルマンエディンソン・カバーニが1倍台と圧倒的人気に。しかし、3番人気以降も2倍台が3人と日本代表の脅威になる選手がたくさんいる。

 日本代表からは掲載されている全選手を紹介する。

日本代表得点者予想オッズ

岡崎 慎司:4.3倍
前田 大然:6.0倍
久保 建英:7.5倍
中島 翔哉:7.5倍
上田 綺世:7.5倍
三好 康児:7.5倍
安部 裕葵:10.0倍
渡辺 皓太:10.0倍
伊藤 達哉:12倍
杉岡 大暉:15倍
柴崎 岳:15倍
板倉 滉:26倍
岩田 智輝:26倍
中山 雄太:26倍
原 輝綺:36倍
冨安 健洋:36倍
菅 大輝:36倍
松本 泰志:36倍
立田 悠悟:36倍
植田 直通:41倍

 1番人気は実績、経験を一番持っている岡崎慎司が4.3倍に設定された。やはりチリ代表戦の時よりも日本代表のオッズは上昇した。


 コパ・アメリカグループステージは3位でも成績上位2ヶ国に入れば決勝トーナメントに進めるため、初戦は何としてでも勝ち点が欲しいところ。果たして、日本代表はチリ代表相手にどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

グループC対戦成績(*カッコ内はFIFAランク
ウルグアイ代表(7位)
エクアドル代表(57位)
日本代表(50位)
チリ代表(13位)

ウルグアイVSエクアドル[4-0 ウルグアイ勝利]
日本VSチリ[0-4 チリ勝利]