【元記事をコミックナタリーで読む】

尾田栄一郎原作による小説「ONE PIECE novel A」や、古舘春一原作による小説「ハイキュー!! ショーセツバン!!」などが読める、集英社発のチャットノベルアプリTanZak(タンザク)」の配信が、本日6月20日スタートした。

【大きな画像をもっと見る】

チャットノベルとはメッセージアプリのような見た目で、横書きテキストタップしながら読み進める、スマートフォン最適化された形式の小説。「TanZak」では1話あたりを約1200字から2000字に区切り、3分程度で読める長さで配信を行う。

配信されるのは集英社から刊行されているマンガのノベライズを中心としたJUMP j BOOKS、少女向け小説レーベル集英社コバルト文庫ライト文芸レーベル集英社オレンジ文庫、ライトノベルレーベルスーパーダッシュ文庫、同じくライトノベルレーベルWeb発小説の刊行も手がけるダッシュエックス文庫のタイトル。作品は毎日1タイトルずつ新規に追加されていき、ユーザーは無料で配布されるアプリ内通貨のコインを使って物語を読み進めていく。なお出版社からチャットノベルアプリが配信されるのは「TanZak」が初めてのこと。

「TanZak」の紹介バナー。