株式会社ビジュアルワークス東京都豊島区、代表取締役:落水 恒一郎)は同社が運営する、
イラストオーダーメイドマーケットプレイスSKIMA(https://skima.jp/)にて、18歳~39歳の先輩・上司のSNSアカウントを知っている男女689人(予備調査10,000人)を対象に、2019年5月24日5月27日の期間で「10代・20代・30代のSNSに関する意識調査」を調査機関に依頼して実施いたしました。調査結果は以下の通りです。
※調査対象者はSKIMAユーザーではありません。

  • 最もよく利用しているSNSは「Twitter」、10代は60.8%が複数アカウントを所持
  • 複数アカウントを持つ理由、10代は「趣味のジャンル分け」、20代は「見られたくない発言がある」、30代は「自分のキャラが複数ある」
  • 複数アカウントの存在、「絶対にバレたくない」 30代が最多、10代はアカウント使い分けが上手?
  • 職場の先輩・上司とSNSでつながった経緯、「会話の流れでつながった」「上司に発見された」
  • 6人に1人が上司のSNSアカウントを見たくて探し出している
  • SNSアイコン、先輩・上司のアイコン好感度は低くないが、子供の写真は防犯上よくないという意見も

最もよく利用しているSNSは「Twitter」、10代は60.8%が複数アカウントを所持
予備調査として、18歳から39歳の男女10,000人を対象に、SNSの登録状況を聞いて、最も利用しているSNSを選んでもらったところ、全年代で最も人気なのは「Twitter」で、年代が若いほど利用も高い傾向にあることがわかった。
Facebook」は30代の27.1%が利用しているが、10代は1.5%にしか満たない。
Facebookオジサン化』が進んでいると言われているが、この結果にもしっかりと表れた。
次に、「若者はSNSアカウントを何個も登録して使い分けている」という噂の実態に迫った。

年代別にグラフを分けたので見て欲しい。10代のTwitter登録者は、60.8%が複数アカウントを使い分けている結果になった。

20代は37.4%、30代は20.4%と下がり、若者ほどアカウントをたくさん持っている傾向にある。ただし、TikTok20代、30代の複数アカウント所持者が多い。

傾向はわかったが、果たしてアカウントを複数持つ意味とは何だろうか?
複数アカウントを持つ理由、10代は「趣味のジャンル分け」、20代は「見られたくない発言がある」、30代は「自分のキャラが複数ある」
複数のアカウントを持つ理由を確認したところ、「趣味のジャンル分け」「タイムラインジャンル分け」といった回答が多い中、リアルな知り合いに見られたくない発言がある」という回答も多く、現実とは違う世界を楽しんでいると仮定できる。
各年代が突出しているのは10代が「趣味のジャンル分け」、20代が「知り合いに見られたくない発言がある」「本音や愚痴と使い分け」、30代が「自分のキャラクターが複数ある」だった。

年代が上がるにつれて、「自分のキャラクターが複数ある」という回答が増えている。

リアルな知り合いに見られたくない自分」、そのアカウントがバレるリスクや恐怖はないのだろうか。

複数アカウントの存在、「絶対にバレたくない」 30代が最多、10代はアカウント使い分けが上手?
複数アカウントを持っている人に対して、「複数アカウントが知り合いにバレてもいいか」と確認したところ、「絶対にバレたくない」という意見は年代が上がるにつれて強く出た。

10代は「一部のアカウントはバレてもいい」という回答が多い。
20代、30代のアカウント登録数は2つ以下が多く、10代は3つ以上のアカウントを使い分けているケースが多かった。

若者ほどジャンル別に細かくアカウントを使い分けているのが一般的になっており、見られても問題ないほどライトなものも多く、本当に見られたくないものは鍵付きアカウントにするなど、しっかり使い分けているのだろう。

アカウントはバレたくない」と回答した人に、何故バレたくないのか聞いてみた。


職場の先輩・上司とSNSでつながった経緯、「会話の流れでつながった」「上司に発見された」
ここからはアカウントがバレたくない存在の上位にいるのではないかと思われる、職場の先輩や上司とSNSでつながっている人、そして一方的に先輩や上司のアカウントを知っている人に、先輩・上司とSNSの関係性について聞いてみた。

まずは先輩・上司のSNSアカウントと相互につながっていると回答した人に対して、どういった経緯でつながることになったのか聞いたところ、「会話の流れでつながった」という意見が最も多く、次いで「上司に発見された」という結果となった。

6人に1人が上司のSNSアカウントを見たくて探し出している

続いて、一方的に先輩や上司のアカウントを知っている人に対して、どうしてアカウントを知っているのか聞いたところ、最も多いのは「会話の流れ」だが、Facebookでは「おすすめユーザーに出てきた」という意見も目立つ。

しかし特筆すべきは「投稿を見たくて探し出した」が全てのSNSで15%以上いることではないだろうか。

約6人に1人が上司のSNSアカウントを探し出している計算だ。このグラフを見ているあなたも、アカウントを探し出されている可能性がある。

さて、先輩・上司とSNSでつながっている人たちはつながっていることに対してどのように思っているのだろうか?
SNSでつながったことを良かったと思うか聞いたところ、「良かった」という回答が多い結果となった。最も良かったと思われているのは「Instagram」、最も良くなかったと思われているのは「Facebook」だ。


Facebookは複数アカウント所持者が最も少ないので、それも関係しているのかもしれない。

良いと思った理由、良くないと思った理由をそれぞれ見ていこう。


SNSアイコン、先輩・上司のアイコン好感度は低くないが、子供の写真は防犯上よくないという意見も
最後に、SNSの印象を左右する『アイコン』について聞いた。先輩・上司のSNSアイコンはどのように見られているのだろうか。まず先輩・上司のSNSアイコンの画像について聞くと、最も多いのは「自分の写真」となった。Twitterはその割合が減り、イラストや他の写真が増える傾向にあるようだ。

このアイコンについて、先輩・上司への個人的な感情を除いた、アイコンの好感度を聞いてみると、全てのSNSアイコンの好感度は高いようだ。
「どちらともいえない」が多いが、「好感を持てない」という意見は少ない。
その中でも最も好感度が低いのは、アイコンに自分の写真が使われている割合が一番多い「Facebook」だ。


反対に、好感度が一番高いのは、自分の写真が使われている割合が最も少なく、イラストの割合が最も多い「Twitter」という結果になった。

アイコンの好感度について、意見を見てみよう。

自分の写真や自撮りナルシストな感じがする・しないで好感度が分かれるようだ。

好感度の高い意見で多かったのは「キメすぎていない」「ナルシストっぽくない」「人柄が出ている」「雰囲気がよい」「趣味がわかる」など。

子どもや家族の写真を使うことに防犯を気にする声も多い。
写真の利用は個人の特定につながることや、好感度の明暗も分けてしまうので、似顔絵の利用を検討するのもよさそうだ。

部下・後輩がいる皆さんはこの機に自分のSNSアイコンを見直して、つながって良かったと思われるようなアカウントを目指してみるのはいかがだろうか。



■ 今回の調査結果より、SKIMAの見解

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。

■ 調査概要
「10代・20代・30代のSNSに関する意識調査」
・ 調査期間:2019年5月24日5月27日
・ 有効回答:689人(予備調査10,000人)
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:18歳から39歳の男女
・ 設問数 :予備調査11問、本調査9問
・ 調査元 :MMD研究所(https://mmdlabo.jp/

■ 会社概要
設立日:2003年7月22日
代表者名:落水恒一郎
所在地:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-22-8池袋千歳ビル7F
事業内容:モバイル公式コンテンツ企画運営 / WEBコンテンツ運営
会社URLhttp://www.visualworks.co.jp/

配信元企業:株式会社ビジュアルワークス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ