社会学者の古市憲寿氏が、ブロードウェイミュージカルピピン日本語版公演を観劇したことをインスタグラムに報告した。あまり感情的にならない古市氏が「すごかった!」「まさかあんな結末になるとは!」と興奮している。

城田優主演のブロードウェイミュージカルピピン日本語版公演は、6月から7月にかけて東京、名古屋、大阪、静岡と全国4都市で上演される。主演のピピン役を『エリザベート』『ファントム』などミュージカルの大舞台で経験を積んできた城田優が、リーディング・プレイヤー役をミュージカル初挑戦のクリスタル・ケイが演じている。東京公演は6月10日からスタートしており、橋本環奈や宇賀なつみアナをはじめ多くの著名人が劇場に足を運んでいるようだ。

城田と親しい古市憲寿氏も同作品を観に行っており、19日の『古市憲寿 poe1985 Instagram』には俳優の佐藤健も並んだスリーショットを投稿している。「前半は夢があって、笑顔があって、お客さんも巻き込まれる物語」「劇中劇という仕掛けも楽しかったなあ」と作家らしく、フォロワーの心をくすぐるような古市氏の感想も添えている。

コメント欄には「凄いスリーショット」「佐藤健さまをありがとう」「仲良し三人組。優くんの笑顔に安心感が出ています」といった声や、「Poe(古市)が何故か乙女に見える~」「女の顔や」「なんだかpoe様、彼女ポジな感じで撮られてるw」などとも冷やかされていた。

画像は『古市憲寿 2019年6月19日Instagram城田優くんの #ピピン 観てきた!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト