映画『エンジェルサイン』の主演俳優が発表された。

シティーハンター』などで知られる漫画家北条司が実写映画の総監督に初挑戦する同作は、『サイレントマンガオーディション』として108の国と地域から寄せられたセリフのない短編漫画6888編から選出された作品に、北条が描き下ろした「プロローグ」「エピローグ」を加えた映像と音楽のみで構成される長編オムニバス。恋人同士のチェリスト・アイカとピアニスト・タカヤは「いつか二人の音楽で、世界中の人々を感動させたい」と夢を追いかけていたが、“エンジェルサイン”というチェロピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤが帰らぬ人となってしまう、というあらすじだ。

今回発表されたのは「プロローグ」「エピローグ」に出演する松下奈緒とディーン・フジオカ。松下はタカヤを見守るアイカ役、ディーン・フジオカアルバイトをしながら曲作りに没頭するタカヤ役をそれぞれ演じる。公開日や物語の詳細は後日発表。

松下は「初めて台本を頂きまず驚いたのは台詞が一言もなく、絵コンテだったことです。しかも、その絵コンテは北条先生が描き下ろされた絵コンテでしたのでとても感激しました。サイレントムービーチェロ演奏も初めての経験でしたので、撮影はとても濃厚に感じました」とコメント

またディーン・フジオカは「北条先生はサングラスがすごく似合うと思いました。あんなにディレクターズチェアーに座って、サングラスが似合う監督はウォン・カーウァイか北条先生じゃないでしょうか(笑)。そういうハードボイルドビジュアルから想像できない柔らかさがあって、本当に現場は自由でした」と述べている。

■松下奈緒のコメント
初めて台本を頂きまず驚いたのは台詞が一言もなく、絵コンテだったことです。
しかも、その絵コンテは北条先生が描き下ろされた絵コンテでしたのでとても感激しました。
サイレントムービーチェロ演奏も初めての経験でしたので、撮影はとても濃厚に感じました。台詞がないのでディーンさんとその場に合った台詞でお芝居をしていたので、とても良い緊張感がありました。
言葉や文化が違っていても、主人公と同じ気持ちになれる。
そう改めて感じられた撮影現場でした。
美しい音楽も合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。

ディーン・フジオカコメント
北条先生はサングラスがすごく似合うと思いました。あんなにディレクターズチェアーに座って、サングラスが似合う監督はウォン・カーウァイか北条先生じゃないでしょうか(笑)。そういうハードボイルドビジュアルから想像できない柔らかさがあって、本当に現場は自由でした。僕の世代の男の子だったら、冴羽獠みたいな男になりたいというボーイドリームは、皆持っていたと思うので、北条先生の作品の一部に参加させていただけるとのことで、すごく光栄です。

『エンジェルサイン』 ©「エンジェルサイン」製作委員会