“後出しじゃんけん”で勝ってしまう人は要注意 すぐにキレるあなたを癒やす「3つの方法」 から続く

「『あなたにとって家族とは何ですか』という質問をグループワークでお聞きするんです。すると、機能不全に陥っている家庭ほど、お互いの絆の深さではなく、『血縁や戸籍で繋がっていること』を挙げる傾向がある。他に繋がりを示すものが見つからないからです。問題なのは、こうした機能不全に陥った家族は、放っておいても、なかなか“自然治癒”が望めないということです」(カウンセラーの中村カズノリ氏)

 元農水事務次官による長男殺害事件に続き、6月16日に起きた大阪府吹田市の拳銃強奪事件は日本中に衝撃を与えた。警察官から拳銃1丁を奪った飯森裕次郎容疑者(33)の父親は、関西テレビの常務取締役だったことも大きく取り沙汰された。

 自身、家族の関係性などに悩み、通り魔事件を起こす寸前まで精神的に追い詰められたという経験を持つ中村氏が説明する。

「専門的には『機能不全家族』と言いますが、主に親との関係性によって、子供が自己肯定感や他者への共感を持ちにくい大人に育ち、成人しても家族間のコミュニケーションがうまく機能していないという家族は増えています。それはカウンセリングの現場を見れば、一目瞭然です。現代における多様な家族の在り方を子供が受け止められないのだと思います。結果、親子関係が回復不能なまでに悪化してしまったケースも見かけます」

「機能不全家族」で蓄積したストレスが妻に……

 例えば、30代男性のAさんも、厳格すぎる父親との関係に悩む患者だった。

Aさんの家はお金持ちの名家でした。Aさんは小さい頃から人生観や仕事観、家族観を全面的に押しつけてくる父親のプレッシャーに耐えてきた。父親はいわば唯我独尊な人物だった。その父親像の影響もあり、Aさんは結婚後、自分のストレスを妻へのDVというかたちで発散させるようになってしまうのです。その時点で、奥様がまずカウンセリングに来られたのです。

 その後、Aさんご自身がカウンセリングに来たときも、精神的には相当追い詰められている印象でした。カウンセリンググループワークを経験するまで、Aさんは自分の父親の在り方は世間でも当たり前だと思い込んでいて、後で聞いたのですが、それ以外の家族間のコミュニケーションの方法論が、想像もできなかったというのです」

「自分と父親との関係は普通ではない」

 Aさんグループワークの中で様々な人や別の家族と出会い、「自分と父親との関係は普通ではない」と気づき、家族に向けていたDVも理不尽なことだと認めることができた。そこからは妻や子供との関係も修復され、今では自分の父親ともバランスのとれた関係を保っているという。

「機能不全は陥ると、負の連鎖から抜けられないのです。どうせ家族はありのままの自分を受け入れてくれない、家族でいても安心できない、安心できないから余計にコミュニケーションをもたない、もしくは暴力でしか意思を示せない、というマイナスループです。こうした思考を続けている人は、かなり閉鎖的な価値観の持ち主になっていることが多く、マイナスループから抜け出す力が足りない。だから、機能不全を家庭内だけで解決しようとしても難しいのです。だからこそカウンセリングなど、まずは家庭外の人間を頼ってみることが大切です」

 ありがちなのは、高学歴で自分に自信のある親は「我が子には人並み以上の暮らしと教育環境を与えてきた」という自負がかえって障壁となり、子供の真摯な思いを受け止められず、機能不全に陥っているパターンだという。

自分の理想を家族に押し付けてはいけない

「重要なのは自分が正解だと思う理想の形を、家族に押し付けないことですね」

 カウンセリンググループワークの補助を利用し、親子はこうあるべきだという理想の家族像の追求をいったんやめる。そこからようやく、血縁や戸籍とは違う、本当の家族の絆を考える第一歩が踏み出せるのだという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春

吹田市で拳銃を強奪し逃走した飯盛裕次郎容疑者。関西テレビの取締役だった父親が通報し、翌日謝罪文を公表した(大阪府警提供)