[アブジャ 18日 ロイター] - ナイジェリア当局は、北部の動物園から入場料の680万ナイラ(約237万円)が紛失した事件について、現地報道のようにゴリラが食べたのではなく、武装強盗によるものだとの見方を示した。

カノ州のガンドューヤ知事は、首都アブジャでの会見で「ゴリラのせいだという報道は馬鹿げている。なぜなら、この動物園ゴリラはいない」と指摘。

「暫定の報告では、武装強盗があったことが示されている」とし、州の腐敗防止委員会に捜査を命じたと述べた。

ナイジェリアでは昨年、ヘビに3600万ナイラが食べられたと監査役に話した店員が停職処分を受けた。

 ナイジェリア当局は、北部の動物園から入場料の680万ナイラ(約237万円)が紛失した事件について、現地報道のようにゴリラが食べたのではなく、武装強盗によるものだとの見方を示した。写真はナイラ紙幣。2018年9月撮影(2019年 ロイター/Afolabi Sotunde)