「ドラえもん のび太の牧場物語」(Nintendo Switchバンダイナムコエンターテインメント)のゲームバランスや不具合について、公式が6月中に配信のタイトルアップデートVer.1.0.2で修正すると告知しました。その背景には、「序盤は牧場運営より鉱山での採掘作業のほうが効率が良い」と、Twitterで広まっていたという経緯もあると予想されます。

【画像】アップデート内容

 同作はマーベラスの「牧場物語シリーズと、「ドラえもん」のコラボタイトル。見知らぬ世界に飛ばされたのび太が、その土地で荒れた牧場を借り生計を立てていく物語です。プレイヤーは農業のほか、釣りや虫取りなど、さまざまな生活を体験できます。

 このようにスローライフを意識したゲームなのですが、発売後に「道具が貧弱な序盤は牧場よりも採掘のほうがもうかる」「むしろ鉱山物語」といったプレイヤーの感想が話題に。効率を重視するならば「のび太の特技、昼寝で体力を回復し延々と採掘を続ける」という攻略法が広まったこともあり、「産業革命期のイギリス」「『カイジ』の地下帝国」など、スローライフとは程遠い感想が上がっていました。

 その一方で、シリーズの旧来のファンからは「いつも通りで安心した」との声も。鉱山での稼ぎやすさは「牧場物語」の特徴ながら、ドラえもんの要素が合わさったことで、違和感が目立ってしまったのかもしれません。

 公式はバランス調整の理由を、「一部、意図しない挙動で本来楽しんでいただきたい牧場の遊びを大きく阻害してしまうところがあったため」と説明。あわせて肥料などのアイテム購入価格も見直し、遊びやすさの向上を目指すとしています。

のどかな雰囲気