0-4で敗れたチリ戦から「何人か変えたい」と明言 コンディションや経験を取るか…

 日本代表は現地時間20日(現地20時・日本時間21日8時)、コパ・アメリカ南米選手権グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する。森保一監督は19日の練習後に4-2-3-1の継続採用を示唆。FWルイス・スアレスバルセロナ)とFWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)のダブルエースを擁する南米の強豪に対し、“局面での責任”を明確にする意図を明かした。

 第1戦では大会2連覇中の南米王者チリと対戦。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がスタメンでA代表デビューを飾った。

 4-2-3-1システムを採用し、18歳MF久保建英FC東京レアル・マドリード)がトップ下で代表初先発。序盤は互角に近い攻防を繰り広げるも前半終了間際に失点すると、後半にも3失点して0-4で敗れた。

 20日に対戦するのは、森保ジャパン発足後の2018年10月にも対戦(4-3で勝利)しているウルグアイ言わずと知れた南米屈指の強豪は、FWルイス・スアレスとFWエディンソン・カバーニダブルエースを中心に攻撃を仕掛けてくる。今大会初戦のエクアドル戦では2人が揃ってゴールを奪ったのに加え、MFニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース)も得点を挙げるなど4-0で快勝。ウルグアイメディアの一部報道では、引き続き4-4-2を採用し、スアレスカバーニもスタメン出場する見込みだという。

 試合会場となるアレーナ・ド・グレミオで、DF冨安健洋(シント=トロイデン)とともに前日会見に登壇した森保監督は、「中2日の試合なので、何人かの選手は変わってウルグアイ戦に出場する」とスタメン変更を明言。その後、チームに合流した指揮官トレーニング後に再び記者陣の取材に応じ、「コンディションと次の戦いで試したいことを含めて何人か変えたいと思う」と改めて入れ替えを示唆した。

「3バックで3-4-3と、4-4-2はちょっとミスマッチ」と4バック継続採用を示唆

 3トップだったチリに対し、ウルグアイスアレスカバーニの2トップ。4バックではなく、守備時には両ウイングバックを吸収する3バックの可能性も考えられるなか、森保監督は4バックの継続を示唆した。その意図とは――。

ベースは前回の形ですね。(チリの)4-3-3とか(ウルグアイの)4-4-2とか違いはありますけど、3バックで3-4-3と、4-4-2はちょっとミスマッチ。そのなかで自分たちがどういうふうに攻撃で剥がしていくか、守備の局面でのマッチアップでできること・できないことがはっきりするので、そういう形で責任を持って選手にプレーしてもらいたい」

 チリ戦では4点と大差をつけられたが、森保監督は「チャレンジする気持ちで入ってくれた。アグレッシブプレーするという意味で、攻撃も守備も良い形で入れたと思う」と評価。ウルグアイ戦でも引き続き、相手に挑んでいく姿勢を求めた。

「相手がどうであれ、まずはその戦い。その後は運動量的に言うと、アグレッシブにチャレンジする姿勢は良かったと思いますけど、じゃあチームで連係・連動の部分でタイミングがどうだったか、距離感がどうだったか。ただ一人ひとりの距離感とかでは、多少空いた部分で相手が試合巧者で個の力も強いので、最後に自分たちが疲弊するような形になってしまった。そこは改善しないといけない」

 昨年10月の直接対決は親善試合だったが、今回は南米の地での真剣勝負。難敵ウルグアイを撃破すべく、全力で立ち向かう。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表を率いる森保監督【写真:AP】