ドラ1小園は初回の第1打席でプロ初打席初安打をマーク、先制のホームを踏む

■広島 7-6 ロッテ交流戦・20日・マツダスタジアム

 広島は20日、本拠地マツダスタジアムでのロッテ戦を7-6でサヨナラ勝ちし連敗をストップさせた。同点の9回に會澤がサヨナラ打を放ち試合を決めた。

 広島は初回、この日1軍登録され「1番・遊撃」でスタメン出場のドラ1小園が左前打を放つと暴投と菊池涼の犠打で1死三塁の好機を作り西川のタイムリー三塁打で先制。2回は會澤の8号ソロ、3回には西川の4号2ラン、6回にも鈴木の18号ソロでリードを広げた。

 それでも同点に追い付かれた直後の9回。先頭の菊池涼が四球を選び西川の犠打と鈴木、野間が連続四球で1死満塁。バティスタは空振り三振に倒れたが続く會澤が左前へサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。

 ロッテは7回に荻野の2点タイムリーなどで4点を返し、1点を追う9回に藤岡のタイムリーで同点に追いついたが中継ぎ陣が踏ん張れなかった。(Full-Count編集部)

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】