スクウェア・エニックスは本日(2019年6月21日),8月22日に発売するアクションRPG鬼ノ哭ク邦」(PS4 / Nintendo SwitchPC版の発売日は未定)について,登場キャラクターゲームシステムの新たな情報を公開した。

 本作は,生者の世界である“現シ世”と死者の世界“幽リ世”を行き来しながらシナリオを進めていく。2つの世界はギミックの法則が異なるので,特徴を理解することが重要だ。また,幽リ世では“迷イ人”や“鬼ビ人”などと出会うこともある。



キャラクター

ロベリア(CV:田中 敦子)
“余は邦を守る義務がある。お前たち今生の者には、命をつなぎ、誕生を祝福する義務がある“

 信じられるのは己だけであり、他の何者も信じない孤高の邦主。冷徹な立ち居振る舞いが、周囲の者を遠ざけるうえに、自身から人前に姿を現すこともほとんどなく、民衆の中には顔を知らない者さえいる。
 輪廻転生の理を何よりも重視するロベリアからは、理から決して外れてはならないという、もはや脅迫観念のようなものさえ感じられる。


レイオウ(CV:白熊 寛嗣)
“私への反抗は邦主様への反抗。つまりこの邦への反抗だ“
 ロベリアの忠実なる右腕であり、実の息子。
 信じる存在は邦主だけであり、物心ついた頃からロベリアを母としてではなく、邦主として尊敬していた。他に信頼できる者も、友もないが、それを苦と思ったことは一度もない。邦主の言葉を盲信するレイオウがそれ以外の言葉に耳を傾けることはなく、逝ク人守リとも対立してきた。



■対を成す二つの世界を探索

 本作には対を成す二つの世界、生者の世界=『現シ世』と、死者の世界=『幽リ世』が存在します。逝ク人守リは二つの世界を自由に行き来できますが、初めて訪れる幽リ世では、五感が遮断された“幽リ世縛リ”状態となり、探索が困難です。対を成す現シ世で幽リ世縛りを解く“縛リ戻シ”を持つ魔物“想イ主”を撃破し、幽リ世を探索可能な状態にしましょう。



二つの世界で異なる法則

 一見同じように見える現シ世と幽リ世ですが、様々な法則が異なります。現シ世では破壊可能な建造物が幽リ世では壊せなかったり、乗り物が作動しなかったり、いつの時代からそこにあるのかも定かではない宝箱が放置されていたり…。二つの世界の法則を理解し、任務を進めていきましょう。



■幽リ世の理

 幽リ世での戦いで注意が必要なのが、さまざまな法則「幽リ世の理」が発動する点です。カガチにも、対峙する魔物たちにも影響を与えるため、有利にも不利にもなりますが、どのような法則の影響下にあるかを把握して戦うことが重要です。



■幽リ世に留まる魂たち

 逝ク人守リであるカガチたちは『幽リ世』に留まる迷イ人たちの存在を『現シ世』にいながら感じ取ることができます。迷イ人の思い残しの原因を探り、解決することで輪廻の輪に戻すことが可能です。また『幽リ世』では稀に鬼ビ人との出会いがカガチを待っています。彼らの力を借り、魔物との闘いを有利に進めていきましょう。



■現幽碑間の移動

 中の邦の各所にある現幽碑では、鬼ビ人の編成ができるほか、現幽碑から現幽碑へ、瞬時に移動することが可能です。


リンク「鬼ノ哭ク邦」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/449/G044999/20190619117/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
PS4 鬼ノ哭ク邦
Nintendo Switch 鬼ノ哭ク邦
・PC 鬼ノ哭ク邦

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

「鬼ノ哭ク邦」,“現シ世”と“幽リ世”を行き来するゲームシステムの概要が公開。異なる世界の法則を使いこなそう