アンデルレヒトは20日、U-21チームの監督に元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミー氏(39)が就任することを発表した。

ベラミー氏は現役時代にリバプールニューカッスルマンチェスター・シティ、カーディフなどでプレー

2014年5月に現役を引退したベラミー氏は、古巣カーディフのU-18チームコーチを務めていたが、今年1月に若手選手に対するパワハラ疑惑をかけられ、コーチを辞任していた。

アンデルレヒトでユースディレクターを務めるジャン・キンダーマンス氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「クレイグがアンデルレヒトに到着したことをとても嬉しく思っている」

「彼は多くの経験を積んでおり、(フットボールの)技術的にも精神的にも我々の若い選手にとって良い監督となるだろう」

「彼にはU-21チームの監督としてトップチームでも活躍できる若い才能を育ててもらいたいね」

サムネイル画像