相性が合わない相手と付き合うより、相性のいい相手と付き合いたいと誰だって思いますよね。

でも、たとえば、交際0日で結婚を決めた芸能人たちは、相性が合う・合わないをそこまで気にしていたでしょうか?

「彼女とは食の好みが違うから結婚できない」など、細かな要素における相性なんて考慮せずして結婚した人だっているのではないでしょうか?

さて、今回は、恋人選びに重要なポイントについてお届けしたいと思います。

食べ物の好み、仕事への理解、休みの日の過ごし方などの相性は?

食べ物の好み、仕事への理解、休みの日の過ごし方などの相性は、彼と会って話しているうちに、感覚で理解できますよね。

LINEちゃちゃっとやるから理解できないのであって、会って話をする、なんなら食事でもしながら話せば、おおむね理解できることです。

そもそも、食の好みや休日の過ごし方、趣味などが合わなくても、うまくやっているカップルは大勢いるのだから、それらの相性がそこまで大事?というのは、はなはだ疑問であると言えますね。

たとえば、旦那さんはシイタケが嫌い、奥さんはシイタケが大好き――。

それでも“ふつうに”うまくやっている夫婦なんて、ゴマンといるのです。

“今”を感じているか

付き合う相手を選ぶうえで本当に大事な相性とは、“今”をどこまでちゃんと感じられているか、という感覚の問題だったりします。

たとえば、極端にしてわかりやすい例を挙げるなら、彼が大学受験の失敗ゆえちょっと心を病んでいるとしましょう。

この彼はつまり、過去のこと(大学受験の時代の自分)に、心がつながれています。

ゆえに、今目の前にいるあなたという彼女を見ているようで、実際には見ていないのです。

そういう彼氏に対して、今この瞬間をおおいに楽しむことのできる彼女がつけば、彼はきっと「生きるとはどういうことか」を理解し、過去の受験の失敗のことなど忘れる可能性はあります。

実際に“今”を全身で感じ、今を生きている人、つまり、生きる達人が彼の目の前にいて、「生きるお手本」を示してくれているからです。

“今この瞬間”の価値は?


でも、実際には、心が過去につながれっぱなしの人の心を現在に向けるのってむずかしいんですよね。

それは彼が自分の手でどうにかしなくてはならない問題だからです。なぜならそれは理屈でどうにかなるものではなく、経験、つまり感覚がどうにかする問題だからです。

今この瞬間に対する価値観は、すごく大事です。

たとえば、超マジメな彼氏の中には“5年後はこうあるべき”“10年後はこうあるべき”などと思って、5年後10年後に向かって努力を惜しまない人がいますね。

それはそれで立派なことですが、そういう彼に、彼女が「たまには温泉にでも行こうよ」とか「ボーナスが入ったから、たまには散財しようよ」と言うと、不機嫌になることがありますね。

彼にとっては、“未来のために存在する今”を犠牲にするのがふつうだからです。対して彼女は“今は今として楽しみたい”。

先のことに不安がなくはないけど、それはあとから考えればいいと思っています。

当然、このふたりは合わないですよね。

おわりに

若いうちは、エッチの相性にはじまって、食の相性、趣味の相性、洋服のセンスの相性など、すごく細かな相性を問題視しがちかもしれません。

でもやがて人は、他人のことより自分のことに注目し、努力しなくてはならない時期を迎えます。

彼もあなたも、相手のことはさておき、自分のことをどうにかしなくてはならない時期を迎えます。

たとえば就活、転職、マンションをいつ購入するか、など。

そういう時期を過ぎれば、細かな相性など問題ではなくなります。“今”をどう感じているのか、という感じ方の相性が人生の大問題になってくるのです。

ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

自分にピッタリの彼氏を見つけるコツ

●彼のこと、好きかどうかわからない…好きかどうか診断

●彼氏をゾッコンにする彼女が「絶対に」しないこと

●こんな彼氏なら別れるべき!ダメ彼氏の特徴4つ

GettyImages-495830858