ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、グローバルで展開しているミニーマウスプロモーションPositively Minnie(ポジティブリー・ミニー)」の一環として、文化服装学院とともに、ファッションプロジェクトを開始します。オシャレで前向き、楽しいことが大好きなミニーの歴史やパーソナリティを学び、ファッションで表現するプロジェクトです。
ミニーは、1928年公開の『蒸気船ウィリー』にて、ミッキーマウスとともにスクリーンデビューして以来、ミッキーの永遠のガールフレンドであり、可愛らしい歌やダンスで人々を魅了するスターとして世界中で活躍しています。

これまでに70以上の作品に出演していますが、ミニーの魅力はスクリーンにとどまらず、大きなリボンや水玉デザインなどをオシャレに着こなすファッションアイコン、そして、いつも前向きで、家族や友だちを大事にする優しい性格など、女性を中心に世代を超えて多くの人々に愛されています。これまでに、世界中のアーティストデザイナーミニーにインスピレーションを受けた商品等を発表し、2018年にはスクリーンデビュー90周年を祝して、スターの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に名を連ねました。

今年の3月2日ミニーマウスの日」には、オシャレミニーが、ファッション雑誌「sweet(スウィート)」で、ファッションモデルとして登場。3月25日には、ミニーの公式インスタグラムアカウント(@MinnieMouse)もオープンしました。また、ミニーキュートな魅力が詰まったコスメ、アパレル、スイーツなど、毎日の生活を楽しく彩る幅広い商品も展開しています。

今回、日本・アジアにおいても「No.1」の実績があり、世界トップレベルデザイナークリエイターを卒業生として送り出しているファッションスクール文化服装学院のファッション高度専門士科の学生23名が、ディズニーの特別授業を通して、ミニーの歴史やパーソナリティについて学び、理解を深めます。そして、ミニーパーソナリティのひとつである「ポジティブ」をテーマに、学生がデザインから制作までを行い、11月には、「Positively Minnie」をテーマにしたファッションショーにてそれぞれの作品を発表します。

今後も「Positively Minnie」を通して、オシャレで前向き、楽しいことが大好きなミニーマウスの魅力を伝える様々な展開を予定しています。


プロジェクト概要
世代を超えて愛されるミニーについての特別授業

6月13日には、文化服装学院にて、ディズニーミニーについて理解を深める特別授業を実施しました。授業では、ディズニーブランドの歴史、ミニーパーソナリティや時代背景を反映させたファッションスタイル、アートスタイルの変遷などを紹介しました。学生たちは、ミニーパーソナリティについてのグループワークも行い「無邪気で可愛い」「オシャレが大好き」「ドット柄が特徴的」「気品がある」「インフルエンサー」など、様々なアイディアが飛び出しました。授業終了後、学生たちは学んだことを活かし、「ポジティブ」と「ミニー」をテーマに学生自身の感性を取り入れたデザイン画(案)制作を開始しました。

ポジティブミニーテーマにしたファッションデザイン画(案)を発表
6月20日には、学生がミニーにインスピレーションを受けたコーディネートでデザイン画(案)を発表しました。学生たちは「ミニーが一番可愛い時はいつなのかをイメージした服」「ミニー可愛いだけでなく、自立した部分を表現した服」「現代のミニーが昔のミニーの世界に遊びに行った体験を表現した服」などオリジナルテーマストーリーをつくり、「ポジティブ」、「ミニー」という共通のテーマの中で、個性あふれるデザイン画(案)を作成しました。当日、授業に参加したウォルト・ディズニー・カンパニー、APAC&MENA、クリエイティブ&プロダクトディベロップメント、ディズニー パークエクスペリエンス&プロダクツのバイスプレジデントアレン・オーヤン(Allen Au-Yeung)は、次のようにコメントしています。「ミニーは『蒸気船ウィリー』でのスクリーンデビューから、ファッションアイコンとして活躍してきました。彼女は世界中の人々に喜びを届け、明るく前向きな性格は、私たちにインスピレーションを与えてくれます。ミニーへの愛情溢れる文化服装学院の若いクリエイターのみなさまと、このプロジェクトを開始できることを大変光栄に思います。才能豊かな学生がミニーをどのように解釈し、作品に仕上げていくのかとても楽しみにしています。」


Positively Minnie」がテーマファッションショーを初開催
11月には、学生がデザイン、制作した作品を初披露する「Positively Minnie」をテーマにしたファッションショーを開催予定です。詳細は追って発表します。


(C)Disney
※画像をご使用の際は、必ず上記のコピーライトをご明記下さい。

配信元企業:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ