毎週日曜日夜6時30分よりフジテレビ系で放送中のTVアニメサザエさん(https://cho-animedia.jp/tag/sazaesan/)
』。今年の10月に放送50周年を迎える予定の第2501話の各あらすじを紹介する。ちなみに、先週の次回予告時におけるサザエさんじゃんけんの出し手は「チョキ」だった。


画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/87060/)
クリックすると拡大できます。

 


〈『サザエさん』第2501話あらすじ
カツオシェフへの道」
学校の調理実習で、女の子たちから褒められたカツオは上機嫌になる。次の日曜にみんなでピクニックに行くことになり、カツオは張り切って自分がおかずを作ると言い出す。さっそくサザエとフネに料理を教わるが、いざやってみると上手く出来ず、苦労する。料理がこんなに大変だったとは…と、カツオは初めて実感する。

「今日は強気で」
雨が降りそうなので、傘を持って行くようにフネは言うが、出勤する波平は「いらん」と家を出る。通学する子供たちには、「傘を持ってらっしゃい」と強く言えるフネを見て、「父さんも子供扱いしなきゃダメよ」とサザエは言う。夕方に雨が降り出し、「お父さん雨宿りを言い訳に飲みに行くのでは…」と、フネとサザエは話す。

「タマの好きなひと」
一人で留守番をしている波平は、夕飯のおかずに鰯の缶詰を食べ、タマにはネコ缶をあげる。帰宅した磯野家の面々にその話をすると、「味を占めたタマがまとわりついて催促するよ」と言われる。どうやら以前、マスオが同じ目に遭ったらしい。波平は「タマにまとわりつかれるのでは…」と構えるが、何故かタマは波平のところには来ない。


〈『サザエさん』配信情報〉
 アニメサザエさん』登場人物別・傑作選は、2005年2008年地上波放送されたエピソードの中から、サザエマスオカツオワカメ、タラオ、波平、フネの磯野家ひとりひとりの選りすぐられた50作品を配信する。配信するタイトルとしては「サザエはミス日本」「マスオのひとり言」「カツオ人生論」「考えるワカメ」「タラちゃんパパになる」「波平微妙なとしごろ」 「母さんと演歌の星」などの作品がリストアップされた。

 また2005年2008年当時の波平の声は永井一郎、フネの声は麻生美代子という貴重な声の出演にも注目。アニメサザエさん』の配信は、2018年12月からスタートした1969年10月5日第1回放送~1970年10月4日までの放送50回分に続く第2弾で、今回の50選はFODAmazon Prime Videoで視聴することができる。

TVアニメサザエさん』現在の放送概要〉
タイトル:『サザエさん』 
■放送日時:毎週日曜日夜6時30分~7時00分 
■出 演: 
サザエ ・・・ 加藤みどり
カツオ ・・・ 冨永み~な
ワカメ ・・・ 津村まこと
タラオ ・・・ 貴家堂子
フネ ・・・ 寺内よりえ
マスオ ・・・ 増岡弘
波平 ・・・ 茶風林
ほか

■原作: 長谷川町子(長谷川町子美術館
スタッフプロデューサー 渡辺恒也(フジテレビ編成部)、田中洋一(エイケン) 
■制作: フジテレビエイケン

(C)長谷川町子美術館