GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と川栄李奈が21日、都内で行われたW主演アニメ映画きみと、波にのれたら』の初日舞台挨拶に、共演の松本穂香伊藤健太郎湯浅政明監督と共に出席。同イベントで片寄は、共演の松本がインスタグラム上で行っているオフィシャル連載活動「週刊松本穂香」を絶賛したうえ、同活動に出演する宣言をした。

【写真】妊娠中の川栄李奈は黄色のワンピースで登場『きみと、波にのれたら』初日舞台挨拶フォトギャラリー

 片寄が演じるのは、溺れた人を助けようとして命を落としてしまう消防士・港。港と恋に落ちた、川栄演じるひな子の歌によって、死んだはずの港が水の中に現れ、再会するというストーリーになっている。

 同作は、上海国際映画祭の金爵賞アニメーション長編部門にノミネート。これに伴い、1人で上海に行くことになったという片寄は「なんで誰もついてきてくれないんだろう」とぼやきつつ、「上海は自分にとっても、海外で1番行ってるかなってくらいで、今年でも2度目なので、うれしい気持ちですね。ドキドキしますけど、せっかくなので港の分も皆さんの分も、胸を張って歩いてきたいと思います」と意気込みを語った。

 川栄は同作について「この作品は、切ないだけじゃなくて背中を押してもらえるような作品なので、観終わった方が、生きる勇気とか元気をもらえていたらいいなと思いました」とコメント。その後、湯浅監督が「僕も泣きました。うそですけど」と続くと、片寄は「うそばらすのはやい!」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

 またイベントでは「勇気を出して、一歩踏み出してこの夏挑戦したいこと」を、出演者がイラストで表現するという一幕も。

 浴衣を着た女性のイラストを披露した川栄に対して、「左だけすごいなで肩になってる」、「顔の輪郭がすごい何重にもなってる」、「着物なのにVネックになってる」と指摘が飛び交うなか、片寄だけは「うまいね」と称賛。川栄は「これ上手いですか!?」と、片寄の思いがけない評価に笑っていた。

 一方、松本のインスタグラムイラストにした片寄は「週刊松本穂香に出る」と宣言。片寄が「松本さんを知ったのが、実はインスタグラムだったんですよ。この企画をみて、面白いことをやってるなって。ルービックキューブと会話とかしてて、これが本当にちょっとクセになるんですよ」と絶賛すると、松本は「この後出てください!」と応え、片寄も「いいんですか」と喜びをあらわにしていた。

 最後に片寄は「自分にとって、初めて声優に挑戦させていただた作品がこの作品でよかったと胸を張れる作品です。皆さんのお力をいただいて、この作品を波にのせていただけたらと思います」とアピールし、イベントを締めくくった。

『きみと、波にのれたら』初日舞台挨拶にて クランクイン!