累計発行部数400万部を超える南勝久氏による人気漫画を実写映画化した「ザ・ファブル」の公開記念舞台挨拶が6月22日、都内の劇場で行われ、主演の岡田准一、共演の木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥、向井理、安田顕宮川大輔佐藤浩市、江口カン監督が出席。福士が「異常性がある」と岡田の一面を暴露した。

「こいつら全員フツーじゃない!」という本作のコピーにちなみ、キャスト陣が「こいつフツーじゃない!」と思った共演者との撮影秘話を暴露することになったこの日。福士と柳楽が、岡田のストイックさについて驚きの声をあげた。

福士は「異常。あんなに壁をスムーズに登る人はいない」と岡田の俊敏さについて語り、「僕もジークンドーやカリなど武術をやらせていただいているんですが、キツすぎて、なかなか気持ち的にも難しい。それをずっと続けられて、師範の免許もとるなんて」と驚がく。「そういうところにも異常性が出ている。並大抵の人にはできない」と岡田を尊敬しきり。また「飲みに行かせていただくこともある」そうで、「岡田さんは、ずっと武士みたいに日本酒を飲んでいる」と岡田の"飲酒スタイル"を明かしていた。

柳楽も「フツーじゃない人」として、「准一さん」と岡田の名前をあげた。「15メートルくらいの高さから飛び降りるシーンがあった。スタントさんを使わず。准一さんがやられるんで、僕もやらなきゃいけないじゃないですか。准一さんがやらないでもらえたら、僕もやらなくて済むのに。ほんっと、怖かった。ビビりました」と苦笑いを見せると、岡田は「僕もできれば(スタントマンに)やってもらいたかった。でも当然のように上げられて」と本音をチラリ。佐藤も「座長がミスターストイックだと、周りの連中が迷惑。僕はアクションの絡みがなくてよかった」と続いたが、福士は「僕はそれに燃えるタイプ。絶対について行こうって(岡田が)火をくれる」と刺激をたっぷりと受けていた。

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブル(岡田)が、1年間休業を命じられ、一般人として潜伏先の大阪で"普通"に生きようと悪戦苦闘。一方、ファブルを仕留めて名を上げようと、新手の殺し屋や犯罪組織が動き出す。カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口監督がメガホンをとった。ステージには原作者の南氏から感謝のメッセージが届く一幕もあり、岡田は「ありがたいですね。原作者の方が喜んでくださって」と感慨を語っていた。

舞台挨拶を盛り上げた岡田准一、 福士蒼汰ら