コパ・アメリカ第2戦で南米の強豪を相手に2-2ドロー 「岡崎ここにあり」を示した前線からの守備

 日本代表は現地時間20日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2と引き分けた。東京五輪世代の若手が中心となっている日本は、第1戦でチリ代表に0-4と大敗。この試合にはスタメン6人を入れ替えて臨んだなか、代表初先発となった三好康児(横浜F・マリノス)が2ゴールを奪う活躍を見せ、常に先手を奪う試合展開となった。

 コパ・アメリカで最多優勝15回を誇るFIFAランク8位のウルグアイを相手に善戦した若き日本代表を、識者はどのように見たのか。1970年代から80年代にかけて「天才ドリブラー」として日本代表でも活躍した金田喜稔氏が、この一戦に出場した全14選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。チーム全体の試合の入り方を称えたうえで、「コパ・アメリカの舞台で強豪ウルグアイを相手に、高い位置からの守備が機能し、メンバーが変わったなかでも前線4人で攻撃を完結する形を作れた価値は大きい」と、堂々とした試合運びを評価。2ゴールの三好に唯一の“5つ星評価”を与えた。

   ◇   ◇   ◇

<FW>
岡崎慎司レスター)=★★★

 どんな相手にも岡崎は岡崎のプレーに徹する――その凄さを改めて我々に見せてくれた。日本が序盤から攻守に良いリズムゲームを展開できたのは、ファーストディフェンダーとしての岡崎の貢献度が非常に大きかったから。ここぞという時の体を張った守備は、大迫(勇也/ブレーメン)にもないスペシャルなもので、最前線で相手のボールホルダーに対し「(パスコースを)切りに行く」のではなく、「奪いに行く」ディフェンスができる。トップ下の安部とともに迫力ある守備を見せながら、攻撃面でも前半3分に三好のクロスをニアでシュート。前半10分にも安部のクロスにヘディングで合わせるなど、しっかりとシュートを放つことでチーム全体にゴールへの積極的な姿勢を植えつけた。「岡崎ここにあり」というプレーを、ウルグアイ相手に示した90分だったと思う。

<MF>
中島翔哉(アル・ドゥハイル)=★★★

 相手がどうあれ、戦術がどうあれ、ウルグアイ相手にも中島らしい仕掛けのプレーを見せたが、結果的に90分で「シュート1本」というのは珍しい。これはウルグアイの守備のしつこさが一因で、1人目のマーカーが外されても絶対に2人目がシュートコースを消すなど、中島がボールを受けた瞬間からの守備は徹底していた。裏返せば、それだけ中島のキープ力、突破する意識が相手に脅威を与えていたということ。シュートは1本だったが、ゴールへの“姿勢”はいつもどおりだった。後半に入り、“マルセイユルーレット”を見せるなど脅威を与えた一方、相手の厳しい寄せにはまって、ボールをかっさらわれるシーンがあったのはマイナス材料。それでも2点目のゴールを演出する仕掛けからの杉岡への完璧なパスなど、中島の存在がチームに与えたものは大きかった。

柴崎は攻撃面だけでなく「危機を素早く察知した守備も見事」

■安部裕葵(鹿島/→後半22分OUT)=★★★

 守備時には2トップのような形で、岡崎と連動しながら相手のセンターバックにプレスをかけにいった。ヒメネスとゴディンはビルドアップ時に横幅を取るから、守備側の追い方はけっこう難しいが、岡崎と絶妙な距離感を保ちながらプレスをかけるやり方がかなり効果的だった。その反面、攻撃においてはもっとできるという印象。前半10分に岡崎のヘディンシュートに結びつけたクロスなど、良いシーンもあったがその数は決して多くなかった。本人も後半22分に交代となり、もっとやりたかったとの思いはあっただろうが、鹿島でACLクラブワールドカップで見せてきたプレーを考えれば、物足りなさが残るパフォーマンスだった。

■三好康児(横浜FM/→後半38分OUT)=★★★★★

 本気のウルグアイを相手にした一戦で2ゴールという結果は、文句なしの“5つ星”だ。4-2-3-1の右サイドハーフに入り、左利きの選手がそのポジションを務める良さを存分に発揮してくれた。立ち上がりから積極的に仕掛けると、中に切り込んでからミドルシュートを狙って相手に意識させると、前半25分には縦に切り返して突破するスピードを見せて、見事な先制ゴールを逆足の“右”で決めた。対峙した相手DFラクサールが足を痛めていたとはいえ、柴崎のパスを受けてからのボールの運び方は素晴らしかった。2点目も左サイドから崩す流れのなかで、こぼれ球に対する嗅覚を見せ、日本が再度リードを奪う展開を作った。

■柴崎 岳(ヘタフェ)=★★★

 チームが勝ち切れなかったため“4つ星評価”としたが、限りなく“5つ星”に近いパフォーマンスだった。1点目の三好へのサイドチェンジパスは、高さも強さも「最高級」のパス。それも自陣左サイドスローインをもらい、相手に囲まれた状況で振り向いた瞬間に逆サイドの三好を見ているというのは、柴崎だからこそ見える景色だろう。1試合を通して見ても、前線の岡崎や安部に効果的な縦パスを入れた回数はチリ戦よりも多く、柴崎がゲームを動かしていた。また攻撃から守備に切り替わった際の、相手のカウンターに対する守備も機能。南米のチームで最も怖いのは、自分たちが攻めている時の横パスのミスや、キープできずに取られて一発のパスを出された時だが、その危険を察知して素早く相手に寄せてパスコースを消しに行くなど、守備面でも柴崎の貢献度は高かった。そのあたりの感性、ポジション取りはスペインで揉まれて磨かれたのだろう。

■板倉 滉(フローニンゲン)=★★★

 カバーニが前線から下がってくるなど相手がポジションを変えてくるなかで、中盤の底で運動量は多かった。チリ戦では中島の背後のスペースを相手に狙われたが、この試合では板倉が左サイドに流れてピンチの芽を潰していたシーンが多かった。高さもあり、足もとの技術もあるためプレーエリアはもともと広い。この試合ではパスミスもあり、攻撃面に課題を残したものの、次につながるプレーを見せたのは確かだ。

冨安が体感した“届かない世界” ヒメネスのCK弾は相手を称えるべき

<DF>
■杉岡大暉(湘南)=★★★

 チリ戦より良いタイミングで、回数は多くなかったが的確な攻撃参加ができていた。後半14分に生まれた2点目は、まさにそれを象徴するシーンで、中島の外を回ったオーバーラップから際どいコースクロスを上げ、相手GKのこぼれ球を誘った。あの展開は素晴らしく、使う中島も上手かったし、杉岡の上がるタイミングも良かった。後半、相手に押し込まれる苦しい時間はあったが、チリ戦よりも攻守両面において自分の良さを出し切れたように見えた。

■冨安健洋(シント=トロイデン)=★★★

 スアレスカバーニと90分にわたって対峙した経験値は相当なものだろう。相手はともに体が強く高さもあり、距離が離れていても2人のアイコンタクトで連動してくる。一瞬の隙も許されない状況で、流れのなかからゴールを与えなかったことは、2失点を喫したとはいえセンターバックとして評価したい。CKから奪われた2点目のシーンは、冨安としては体を張って止めたかっただろう。だが、どんなにギリギリの勝負を演じていても“届かない世界”はある。あれだけ質の高いボールが来て、ヒメネスという世界屈指の強靭なセンターバックに、競り合いながらもヘディンシュートを逆サイドネットに飛ばされた。相手を褒めるしかないレベルシュートだった。

■植田直通(セルクル・ブルージュ)=★★★

 植田も冨安と同様、スアレスカバーニという世界屈指の2トップを相手に奮闘し、ディフェンスリーダーとして守備を破綻させなかった働きは評価に値する。ただ、この試合の植田を語るうえで外せないのは、前半25分の先制点から4分後、ペナルティーエリア内でカバーニへのファウルを取られてPKを献上したこと。あれは普通、VAR判定になったとしても主審によっては反則を取られないと思うが、VAR判定になるような足の上げ方をエリア内でしたことがすべて。審判団に不信感や疑問を与えるようなプレーを、DFがしてはいけないということだろう。特に浮き球の処理では、足裏が見える足の上げ方をして接触すると、南米のストライカーは痛がり、それがVAR判定へとつながってしまう。そうした経験ができたことは、植田自身にとっても良かったと言える。

■岩田智輝(大分/→後半42分OUT)=★★★

 ポテンシャルはあるのだろうが、ゲームの流れになかなか溶け込めなかった。対面のロデイロは、流れのなかで中に絞るなどポジションを微妙に変えてくる。そうした中途半端な位置取りをしてきた時に、柴崎やセンターバックとどのように受け渡すのかが、あまりはっきりしていなかったように見えた。攻撃面でも三好のサポートや、追い越す動きで目立ったプレーを見せられず。大きなミスを犯したわけではないが、チームのなかでやや“浮いていた”ように感じた。

劣勢で投入された上田、途中出場のFWとして「中途半端な守備が目立った」

<GK>
川島永嗣(ストラスブール)=★★★

 2失点したものの、後半にビッグセーブを見せるなど際どいシーンで失点を防いだ。ロシアW杯以来の日本代表戦出場となったが、存在感の大きさを改めて実証。守備陣を統率し、大きな声で鼓舞しながら闘う気持ちをチーム全体に伝播させていく。川島が最後方にどっしりと構えることによるプラスの効果が表れた試合だった。

<途中出場>
■上田綺世(法政大/FW/←後半22分IN)=★★★

 チリ戦では再三の決定機を決められなかった一方で、ゴール前でフリーになるポジショニングセンスを見せたが、途中出場となったこの試合では投入されたのが2-2に追いつかれた後半22分、ウルグアイが本気で攻めに出てくる時間帯だった。日本が守勢に回るなか、1トップに入った上田にも、もちろん守備面での貢献が求められた。時に中盤のラインまで下がって守備をする際、ボールホルダーに対してどのような守備を行うのかを、もっとはっきりと体で示さないと後ろの選手は連動できない。全体的に中途半端な対応が目立った印象で、攻撃面でも前線でボールキープしても簡単に取られる場面があるなど、勝負の時間帯に投入されたFWとしては物足りなさが残った。

久保建英FC東京レアル・マドリード/MF/←後半38分IN)=評価なし

 疲れなどを含めて森保監督が配慮したのか、残り時間10分を切ってから右サイドハーフに投入された。ウルグアイの猛攻に晒される時間帯だったこともあり、ボールにほとんど絡むことなく試合を終えた。

■立田悠悟(清水/DF/←後半42分IN)=評価なし

 高さ対策もあってか、終了間際に右サイドバックに投入された。ヘディングでクリアするシーンもあるなど、2-2のドローで終えることに貢献はしたが、評価できるほどのプレー時間は与えられなかった。

PROFILE
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表デビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。(Football ZONE web編集部)

ウルグアイを相手に善戦した日本代表を金田氏はどのように見たのか【写真:Getty Images & AP】