歌手・美輪明宏(77)が23日より全国で放送される大学受験サポートサイト『受験サプリ』新CMに出演する。

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する『受験サプリ』の『オンライン予備校』が15日より大幅にリニューアルし月額980円で受け放題のサービススタート。そのCMに、その初代校長に就任した美輪が声のみで出演する。美輪と瓜二つ人形が主演を務め、それに美輪が声を当てるというコミカルなもので、日本の受験生に対し、熱く、美しく語りかける熱演が分かる仕上がりだ。

 その内容は、オンライン予備校の校長室の扉が開くと、校長の美輪人形が『受験サプリ』のマスコットキャラクターである『受犬サプリ』を膝に乗せ、椅子に深く腰掛けており、カメラが寄ると、美輪校長が全国の受験生に向けて想いを語りだすというもの。

 ナレーション撮影では、美輪は1つ1つのセリフを大切に扱い、語調やイントネーションを都度確認し「もっと強くしゃべった方がいいかしら?」「ここはオーバーすぎる?」など、調整に余念がなく感情表現豊かな言い回しにこだわり、熱く語るところは燃えるように、受験生に語りかける部分は包容力を感じさせるような話し方をしていたという。

 そんな美輪でも「ごっそり」という単語には苦戦したそうで、語頭を強めたり、伸ばしてみたり、音程を変えたり、自問自答を繰り返し、10分間試行錯誤。監督、マネージャー、撮影スタッフにまで確認を入れるという念の入れようで、納得のいく「ごっそり」がナレーションできたという。

 また、主演の“美輪人形”は約1ヶ月かけて製作という手間暇のかかったものだそうで、目玉や口、腕や指も動かすことができ、微妙な表情の変化やしゃべり方の強弱、軽快な身のこなしなどまるで生きているかのような動きができるとのこと。操作はラジコンコントローラーのようなものを使用し、それぞれの部位を動かすために3人がかりという大仕掛なのだとか。さらに、驚くべきことに、美輪人形にはプロのヘアメークもついたそうで、アイラインやアイシャドー、口紅など、本格的メークも施されているそうだ。

 美輪が熱演した大学受験サポートサイト『受験サプリ』新CMは23日より全国でオンエア!

リアルな美輪明宏人形が本人の声で出演