保育園時代は午後7時を過ぎても預かってもらえ、思う存分とは言えないまでもフルタイムで働いていたパパ・ママたち。

ところが、子どもが成長して小学校に入学するとその環境は大きく変化します。

小学校は短い!」

小学1年生は遅くても午後3時、早ければ午後2時には授業が終了してしまうため、仕事を終えて帰宅するまでの空白時間が生じてしまいます。そこで登場するのが「学童保育」です。

学童保育とは、両親が働いている家庭の子どもを、放課後や長期休暇中に預かってくれるとってもありがたい制度です。筆者も小学1年生の娘がおりますので、学童保育にお世話になっています。

そこで、今回は公立学童保育と民間学童保育の違い、そして実際に民間学童保育にお願いして感じたことをお届けします。公立学童保育から民間学童保育への移行を考えている方、来年お子さんが小学校に入学する方の学童保育選びの参考にしていただけると幸いです。

学童保育は「放課後児童クラブ」と「放課後子供教室」、「民間学童保育」の3種類

学童には、大きく分けて「公立学童保育」と「民間学童保育」の2種類があります。そして「公立学童保育」の中には、厚生労働省管轄の「放課後児童クラブ」と文部科学省管轄の「放課後子供教室」があります。

まずは、それぞれの特徴をピックアップしてみましょう。

放課後児童クラブの特徴

・保護者が就業しているなど共働き世帯の子どもが対象

クラブ数は2万5328カ所(2018年

・費用:月額料金とおやつ代で月約5000~1万円(自治体により異なる)

・預かり時間:施設により異なるが、平日の開所時刻は13時1分~14時が最も多く34.2%、閉所時刻は18時31分~19時が最も多い47.8%となっている。長期休暇等の開所時刻は8時~8時59分が68.2%、閉所時刻は18時31分~19時が47.3%と最も多くなっている(18年)

・開所日数:原則1年につき250日以上、厚生労働省の調査では280299日が最も多く69.8%となっている(18年)

・送迎:施設により異なる(別料金が発生する場合あり)

・利用希望者が多い場合は、選抜されるため入れない可能性がある

厚生労働省の調査によると、待機児童数は18年12月時点で1万7279人)

・利用人数が多くお友だちができやすい

・宿題が完了するまで監視するサービスはない場合がある

・長期休暇中も基本的に追加料金なしで利用可能

放課後子供教室の特徴

・全ての子どもが対象

・実施数:1万7615教室(17年)

・費用:原則無料

・預かり時間:午後5時までの施設が多い

・開設日数:全国平均84日(13年)

・様々な学習プログラムの提供

・開設時間が短く、常時開設されていない施設が多い

民間学童保育の特徴

・利用希望者が多ければ抽選などになるが、両親の就業状況は問われない

・費用:月額約5万~10万円

・送迎:あり(別料金が発生する場合あり)

・異なる学校の子どもが集まる。同じ学校の友だちは少ない場合もある

・宿題サポート制度付きが多い。宿題が完遂するまで見守ってくれる

・習い事による中抜けが可能。習い事が併設されている施設もある

・長期休暇中は追加料金が必要。施設によって5万~10万円ほど

オールイングリッシュ、外遊び重視、プログラミング教育など独自の教育方針によって運営されている施設が多い

放課後児童クラブは、平日はほぼ開所されており、共働き世帯の子どもたちのサポートを目的としています。

それに対して放課後子ども教室は文部科学省が管轄で、子どもの預かりではなく、学習やスポーツ文化活動などを目的としています。放課後子ども教室は自治体により運用が異なり、常時開設されていないケースが少なくありません。現状はごく一部の自治体を除き、放課後児童クラブが共働き世帯の子どもたちの受け皿になっているようです。

従来はそれぞれが独立して運営されており、運営方針などが大きく異なっていました。しかし18年、厚生労働省文部科学省は「新・放課後総合プラン」として、すべての小学校校区で両事業を一体化して進めることを目指すことを発表しました。そのうち1万カ所は、小学校内での設置を目指しているとのこと。これが実現すれば利便性が高まり、子どもにとってもより良い環境になると考えらえます。

一方、民間学童保育は料金が高額です。その分各種サービスは充実しています。とくに宿題サポート制度は、共働き世帯にとってはありがたいサービスです。教育プログラムが充実しているため、塾がわりに利用する世帯も少なくありません。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

私たちが民間学童保育を選んだ理由

我が家では、悩んだ挙句に民間学童保育を選択しました。これから学童を選ぶ方のために、民間学童保育を選んだ理由と利用して感じたことをお伝えします。

「宿題サポートサービス」が決め手

筆者はぎりぎりまで、どの学童保育にするか悩みました。そして、民間学童保育に決めました。決め手になったのは「宿題サポートサービス」です。

公立学童保育は同じクラスのお友達もいるでしょうし、学校との連携も取りやすいため子どもにとっても良い環境だと感じました。しかし、最寄りの公立学童保育には、宿題を「完了させるまで」見守る仕組みはありませんでした。

我が子は、お友だちが大勢いて遊んでいる中では、宿題を終わらせることはできないタイプです。だから、別室で宿題を完遂させるシステムになっている民間学童保育は非常に魅力的でした。

学校以外に居場所がある安心感

実際に子どもを民間学童保育に入れて、「学校以外に居場所があるっていいことだな」と感じました。

クラスで嫌なことがあっても、学童に行けば学校も国籍も違うお友達が集まっているため、気持ちをリセットできます。もちろん、環境が大きく変わるストレスもあるでしょうが、我が家の場合は民間学童保育・学校それぞれが居場所となってバランスが取れているように感じます。

公立学童保育でも同じようにリセットできると思いますが、筆者の最寄りの民間学童保育は公立学童保育よりも、子どもたちの小学校がばらばらだったため、より「学校とは違う居場所」という感覚が強いようです。

「民間?公立?」ママたちに聞いた選んだ決め手

我が家は上記の経緯で民間学童保育に決めましたが、他の家庭はどうなのかママたちに聞いてみました。

民間学童保育を選んだ理由

「臨機応変に対応してもらえるし、オプションの習い事が充実しているから」

「長期休暇などは、お弁当を別料金で出してもらえるから夏休みも安心」

「宿題を必ずやってきてもらえるから」

「預かり時間が公立学童保育より長かったから」

公立学童保育を選んだ理由

「お友だちがたくさんいる」

「学校から近い」

イベントが多くて子どもたちが楽しめるから」

「学校行事をきちんと把握しているから」

民間学童保育を選ぶ世帯の多くが、習い事を重視していました。公立学童保育は、施設によりますが習い事などでの中抜けを認めず、中抜けしたら戻れないなどのルールがあることが多いため、費用面は厳しいものの民間学童保育を選択しているようです。

費用面について「高額すぎないか」と聞いたところ、多くのママたちが「保育料とそれほど変わらないから」と答えていました。確かに共働き世帯は所得が上がるため、保育料の負担も大きく、それと比較すると民間学童保育の利用料は負担感が大きくなかったのかもしれません。

まとめ

働いているパパママの多くが学童保育を利用しますが、その際「公立にするか」「民間にするか」は悩ましい問題だと思います。

それぞれにメリットデメリットがありますし、子どもとの相性があります。学童保育に何を求めるのか、何時まで預けなければならないのか、など各家庭の状況に合わせて選ぶとよいですね。

【参考】

平成30年(2018年)放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況(平成30年(2018年)5月1日現在)厚生労働省

放課後子供教室の取組・現状・課題について 平成30年11月2日文部科学省

『~放課後子供教室等について~(学校支援地域本部・土曜日の教育活動)』文部科学省生涯学習政策局社会教育課