Credit: depositphotos

Point

■人の印象は顔の「表情」だけでなく、「角度」によっても大きく変わることが判明した

■首を下に傾けてうつむき気味になってしまうと、上から目線の「支配的な人間」であるとの印象を与えてしまう

■重要なポイントは「目元」であり、顔を下に傾けると眉がV字型に見え、それが相手に攻撃的な印象を与えてしまう

負の性格傾向に共通する「ダークコア」が明らかになる

あれ、もしかして怒ってる?

相手が何を考えているのか、どんな気持ちなのかを推し量るとき、どこに注目するだろうか。

きっと無意識に相手の「表情」に注目し、目が細くなっているか見開いているか、あるいは口角の上がり下がりをチェックして予測を立てているはずだ。

しかし、「Psychological Science」に掲載された最新の研究が、ヒントが表情だけではないことを示している。そこには「顔の角度」も大きな影響を与えていたのだ。

研究はブリティッシュコロンビア大学の研究者などによって行われた。

顔の「角度」は多くを語る

どうやら人は頭を前に傾けてうつむき気味になると、横柄で高圧的な性格の持ち主であると受け取られてしまうようだ。

これは、うつむくと眉が「V字型」に見えてしまい、攻撃性や威嚇行動を連想させ、支配的な印象を与えてしまうことに起因している。

Credit: pixabay

これまで表情が人に与える印象について調査した研究は多くあったが、顔の角度に着目したものはほとんど存在していなかった。

10°の違いで大きく印象が異なる

研究ではまず、101人の被験者にアバターを用いた調査がおこなわれた。顔の角度を上下に10°ずつ傾け、ニュートラルな状態も合わせて3つの顔について、アバターの人間がどの程度「支配的である」と予想されるのかを評価してもらった。

その結果、顔を下に10°傾けたアバターが、最も支配的な性格の持ち主であるとの評価が下された。

次に、570人の被験者が参加した実験では、実際の人間の写真での評価がおこなわれ、アバターの場合と同様の結果が得られた。

Credit: Psychological Science / 実験で用いられたアバターと人物写真

また、人に「支配的である」といった印象を与える場合に、顔の中でも「目」と「眉」が重要な役割を果たしていることが明らかとなった。これは、実験において目元以外を隠しても評価が変わらなかったことから導かれた結論だ。

つまり簡単に言えば、首を傾ければ表情も違って見えるのであり、下に傾けるとちょうど眉をしかめたような見え方をしてしまい、それが「支配的」であったり「高圧的」に受け取られてしまうということだ。

 

彫りの浅い日本人に当てはまるかは微妙なところで、10°の角度に注意といわれても「知らんし」という感じだが、世の中には斜め45°からしか写真を撮らせない某声優なども存在するので、顔の表情だって「角度で印象が違う」というのも有り得る話なんだろう。

信頼できるのは目が大きい人? 脳は初対面の人を見た時にどう反応しているのか

投稿 一番偉そうに見える顔の角度はこれ!? 研究で判明ナゾロジー に最初に表示されました。

一番偉そうに見える顔の角度はこれ!? 研究で判明