社会人になり、まとまったお金を手にするようになると、どこからか舞い込んでくるのが“アヤシイ儲け話”。

儲け話
※画像はイメージです(以下、同じ)
 今回、話を聞いたのは渡辺俊さん(仮名・24歳)。彼の学生時代の先輩Aさんは、コミュニケーション能力に長け、義理人情を重んじる性格のため、男女問わず友だちが多い人物でした。同業種で住む場所も近かったことから、社会人になってからも2人は定期的に飲む機会があったといいます。

信頼する先輩が突然「1万円あったら何に使う?」

「ある日、行きつけの居酒屋いつものようにバカ話をつまみに楽しく飲んでいたんです。それがトイレに行き席に戻ると、なぜか今まで見たことがないような神妙な面持ちに変わっていたんです。

 一体何の話をされるんだろうとドキドキしていると、最近知り合った人物の考え方に影響され、人生観が変わったとのこと。突然の話題に困惑する僕に対して『1万円もらえたら何に使うか』と聞いてきたんです」

 10万円、100万円、1000万円……と徐々に額が上がり、それぞれ真剣に考えて回答する渡辺さんに対して、A先輩は、一呼吸置いたあと「想像で終わらしたくないでしょ?」と、つぶやきます。

「A先輩は『家出した少年少女を受け入れる施設を作りたい』という夢を熱量たっぷりで語ってくれました。

 僕にはそんな大それた夢がないので、『さすがA先輩、器が大きい人は夢も大きいなあ』と、のんきに感心していました。そして、その施設をつくるための資金を頑張り次第で手にすることができるかもしれないと……。お察しの通り、A先輩の人生観を変えたのは、ネットワークビジネスの関係者だったんです」

カタログを広げ、話は本題へ……

 A先輩はカタログのような冊子を取り出し、組織の商品を愛用するスポーツ選手のインタビューや、組織の偉い人が有名人と写っている写真を見せて、自分たちがいかに真っ当な存在であるかアピールしてきました。そして、冊子をさらにめくっていくと、商品がずらっと並ぶ紹介ページに。

「やたらと市販品との成分の違いを強調していましたが、どれもそもそもの値段が高くて、上級な暮らしとは程遠い日常を送っていた僕にとってはミスマッチなような気がしました……」

 話題は核心に迫ります。

「要約すると、自分が紹介して会員を増やしていけば権利収入を得ることができる。良いものを紹介してWin-Winの関係が築ける、と。

『それってねずみ講なんじゃないの?』って思いましたが、あの尊敬するA先輩が『まさかそんなグレーゾーンな話を持ち掛けてくるか?』という気持ちの方が強く、疑問に蓋をしてしまいました」

組織のタワマンパーティーに参加

 仲の良い先輩を疑うのも悪いと思った渡辺さんは、A先輩の仲間が主宰するシャンパンパーティなるイベントに参加することになります。

「どうやらタワマンの一室を組織の集会所兼パーティルームとして借りているようでした。優に100平米は超え、高そうな家具が並ぶ室内には平日にもかかわらず、多くの若者が集まっていました。

 話をしてみると、出身が地方だったり、『休みが平日なので既存の友人と会う機会が限られるけど、ここに来れば誰かしら顔なじみがいるので、安心できる』と言っている人もいて、友だちを作るコミュニティとしても機能してるんだなと思いました」

 周りを観察していると、いかにも幹部っぽい人の姿が。

「外見はロン毛でシルバーアクセを全身に身につけたサーファー風。ひと際豪華なソファに腰かけ、取り巻きらしき4、5人の女性と談笑する姿には風格がありました」

東京タワーをバッグに「この光景、夢じゃなくなるよ」

tawaman

 この彼こそがA先輩が心酔する人物だったのです。

「聞けば権利収入で、不労所得が年1000万円を超えていて、日々気ままに暮らしているとのこと。気になったのが、やたらと僕に今の仕事に不満はないかと聞いてくるんです。

 僕は『特にない』と言いましたが、グチを吐いていたら、恐らく普通に働くことがいかにバカバカしいかという方面にもっていかれていたんじゃないかと思います」

 それでも百戦錬磨の幹部は表情ひとつ変えません。シャンパングラスを片手に、渡辺さんをバルコニーに連れ出します。

ライトアップされた東京タワーバックに『この光景、夢じゃなくなるよ』って真顔で言われました。その場の雰囲気に押されて、慣れないシャンパンをハイペースで飲んだ僕は、段々と感覚が麻痺していたのかもしれません。

 この人たちは本当に良い人で、たまたま会っただけの僕になんでこんなにオイシイ話を持ち掛けてくれるんだろうって気がしてきたんです……」

幹部の口車に乗せられ入会。職場の先輩は……

 宴もたけなわになるころ、入会するか否かの決断を迫られた渡辺さんは悩んだ結果、A先輩の顔を立てて、数千円の年会費を払って入会することになります。

「その場にいるメンバーハイタッチした記憶があります。仲間意識が芽生えた気がして、なんだかスゴく楽しい気分でした」

 しかし夢はいつか覚めるもの。早々と現実世界に戻ることになるのです。

「職場のB先輩に『すごい儲け話を紹介してもらったんです。○○って知ってます……?』って言った瞬間に爆笑されました。『いまだに騙される奴いるんだ』『俺も若い頃、1度や2度、勧誘されたわ』とマジレス。念のため、僕とA先輩の共通の友人に連絡を取ってみると、どうやら彼らにも勧誘の手は伸びてて、なかには縁を切ってしまった人もいました。

 ここでようやくヤバい空間に片足突っ込んでいると自覚できたんです。『ネットに書いてある情報は信じるな』と言われていたので、悪評はすべてうまくいかなかった人が腹いせで書き込んでいるものだとも思い込んでいました。何も知らずにズルズル流されていたら、今頃“信者”の一員になっていたかもしれません……」

組織から足を洗うため、先輩の連絡をスルー

スマホ

 渡辺さんは今そこにある危機を回避するため、苦渋の選択ではありましたが、ほとぼりが冷めるまでA先輩からの連絡を一切スルーすることにしたそうです。

 パーティから数か月たった今、ようやく音沙汰がなくなったものの、一抹の寂しさも感じているとのことです。

「規約によると年会費は返金もできるみたいなんですが、今までお世話になった分をお返しするつもりで、あえてその手続きはしませんでした……。いつかこの出来事をネタとして笑い飛ばせる日がくると良いんですが」

 渡辺さんが勧誘されたビジネスがいわゆるマルチ商法だったかはわかりませんが、彼らが“仲間”を取り込むテクニックは並み大抵のものではなさそうです。

 どんなに良い話でも、まずは「おいしい話にはウラがある」と客観的に疑ってみる賢さが、社会人には必要なのかもしれません。

― 特集・今さら後悔している自己投資 ―

<取材・文/蒲須坂正男 イラストデザイア恵利(@desire_eri)>

【蒲須坂正男】

30歳サラリーマンライター。趣味はラジオを聴きながら散歩すること。ローカルな駅でふらっと降りて、口コミやレビューがない店に入るのが好きです。