勝ったチーム交流戦優勝の大一番で好投「持ち味は出せた」

■巨人 – ソフトバンク交流戦・23日・東京ドーム

 ソフトバンク和田毅投手が23日、勝てば交流戦優勝となる敵地・巨人戦で5回3安打1失点6奪三振2四球と好投。651日ぶりの勝利の権利を持ち、マウンドを降りた。降板後は「全力でとばせた」と初回から援護した打線に感謝した。

 ソフトバンクは初回、福田が菅野から先頭打者弾を放つと、松田宣のタイムリー内野安打や坂本勇の失策、甲斐のセーフティー気味のスクイズなどで4点を先制。援護をもらった和田は3回まで無失点に抑えると、4回は先頭・岡本にソロ弾を浴びたものの、大城、陽岱鋼を三振、若林を遊ゴロと後続は断った。

 5回は先頭・炭谷に右前打を許したが、後続を断って無失点。6回に代打を送られてお役御免となった。このまま逃げ切って和田が勝てば今季初勝利。2017年9月10日ロッテ戦(ヤフオクD)以来、651日ぶりの白星となる。

 和田は降板後、「野手の皆さんが初回から4点も取ってくれたので、全力でとばしていくことができました。5イニングでしたが自分の持ち味は出せたと思います。あとは、この試合チームが勝てるように応援します」とコメントした。(Full-Count編集部)

ソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】