現役引退を表明したトーレス 紆余曲折を糧に掴んできた栄光と飛躍

 23日の記者会見は、午前10時の開催を予定していた。それでも、受付開始の8時半には、すでに会場に多数の記者が押し掛けており、何とも言えぬ緊張感がほとばしっていた。それもそのはず、この日行われたのは、サッカー界に名を轟かす世界的ストライカーサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの引退会見だからだ。

 会見に登壇したトーレスは、淡々と引退の背景や今後の動向について説明するなか、自身の発言がひと段落し、通訳が日本語に訳している間、マイクを離し、遠くを見つめるように目を細めている時間が多かった。それは、これまでの自身のキャリアに思いを馳せているようにも見えた。それだけ、“エル・ニーニョ”(神の子)と名付けられたトーレスのキャリアは、実に紆余曲折なものだったからだ。

 2001年にプロデビューを果たしたアトレチコ・マドリードで瞬く間に頭角を現し、19歳の若さでキャプテンを託されるに至った。しかし、チームの顔として確固たる地位を築いたことで年俸は急騰し、財政難に陥っていたクラブは、自らの首を絞める事態に。補強もままならず、チーム情勢は右肩下がりとなっていた。

 その状況を鑑みたトーレスは、自らを犠牲にし、愛するクラブを去ることを決断。07年に巨額の移籍金を残し、リバプールへと移籍した。エースが置き土産に残した資金のおかげで、アトレチコはチームの改革に乗り出すことが叶い、積極的な補強で大幅な改善を施すことに成功。これが強豪クラブとして復活を遂げるきっかけとなった。一方、断腸の思いでアトレチコを離れ、未知の領域であるプレミアリーグに挑戦したトーレスもまた、ステップアップのきっかけをつかむことになる。

 加入初年にしてリーグ戦24ゴールを記録し、当時のプレミアリーグ挑戦1年目の外国人選手として最多得点記録を樹立。年間最優秀選手を決するバロンドールでは、3位に入賞する快挙も達成した。リバプールで見せた大車輪の活躍が、トーレスを世界的ストライカーへと飛躍させた。アトレチコを去るという過酷な決断を、トーレスは見事にポジティブな移籍へと変換させてみせた。

チェルシー移籍以降に陥ったスランプと、古巣復帰がきっかけの劇的な復活

 しかし、タイトル獲得を求めて11年にチェルシーへと活躍の場を移すと、それまで順調に歩んできたキャリアに急ブレーキがかかる。初ゴールまで903分間もの時間を要し、不本意なクラブワースト記録を樹立してしまうと、高額な移籍金を裏切るパフォーマンスに対し、メディアサポーターからとめどない批判を浴びることになった。それでも、2年目にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を達成し、その翌年にはUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝で殊勲のゴールを決め、念願だったタイトルを2つ手にした。

 その後、ACミランへ期限付き移籍するもスランプを脱することができず、評価を失墜させる一方だったが、苦しむエースに手を差し伸べたのが古巣アトレチコだった。14年に復帰を果たすと、息を吹き返したように二桁ゴールを記録。逆境からストライカーとしての復活を遂げ、トーレスに再び笑顔が戻った。18年にEL優勝を達成し、有終の美を飾って2度目の別れを告げるに至った。そして昨夏、世界各国からオファーを受けたなかで、鳥栖を新天地に選択することになる。

 鳥栖は熾烈な残留争いに巻き込まれていたこともあり、トーレスも、自身の武器を生かしたスタイルではなく、チーム戦術に合わせ前線で体を張るターゲットマンに徹した。リーグ戦3ゴールにとどまったものの、残留を懸けた運命の一戦となった第33節の横浜F・マリノス戦(2-1)では値千金の決勝ゴールマークし、14位という瀬戸際での残留に大きく貢献。しかし、今季は度重なる負傷に加え、スペイン人のルイスカレーラス前監督が解任された後は、金明輝監督の下で先発から外される試合が増えることに。その状況のなかで表明した現役引退だった。

 トーレスは、引退を決断した理由について「ベストレベルに到達できていないという疑問点があった。自分がベストのコンディションで最後までやり続け、そこに到達できなくなるのであれば、その段階でサッカー人生を終えたかった」と言及し、「例えチームが首位を走っていたとしても、自分の考えが変わることはなかった」とも明言した。それは、負けず嫌いで知られる頑固なトーレスらしい信念に映る。

逆境や勝負どころでゴールを奪ってきた不屈のエースストライカー

 一つ断言できるのは、トーレスは自身が厳しい立場にあればあるほど、チームが最もゴールを必要としている局面であればあるほど、信じられないようなゴールを生み出してきた。横浜FM戦もその一つだが、スペイン代表でも2008年、12年の欧州選手権(EURO)の決勝でともに優勝に導くゴールを奪っており、驚異的な勝負強さを見せている。これまで在籍してきたビッグクラブでもいまだに愛される存在でい続けられているのは、記憶にも記録にも残るような決定的なゴールチームの窮地を救ってきたからだ。そのような姿は、まさに“神の子”という神々しい表現にぴったりだった。

 簡単な決定機を外すにもかかわらず、最難関クラスの一撃をいとも簡単に決めてしまったり、不調に沈んでいても大一番で劇的なゴールを奪ったりするように、良い意味で悪い意味でも不安定で荒々しい男は、背番号「9」が様になるストライカーだった。幾多のビッグクラブを渡り歩いたトーレスだが、そのほとんどで、点取り屋を示すエースナンバーを託されてきたことが、何よりの証だ。

 今後は鳥栖のアドバイザーとして若手育成に携わっていく意向を示したものの、決して容易い挑戦ではない。実際に鳥栖は今季も残留争いを強いられており、現在は最下位と、J2降格が現実味を帯びている立場にある。それでも、そんな逆境に立ち向かう姿勢にこそ、トーレスの真髄が宿っている。会見では、記者からクラブの深刻な状態について指摘されると、彼は精悍な表情で力強く、こう答えた。

「もちろん今までのサッカー人生のなかで良いことだけでなく、難しい状況というものもあった。でも、私はその難しい状況というものも、ネガティブに捉えず、新しいチャレンジと受け取ってきた。なぜなら、それこそが自分を成長させてきたものだからだ」(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

引退会見に臨んだトーレス【写真:Football ZONE web】