タレント陣内智則(45歳)が、6月22日に放送されたバラエティ番組「さんまお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演。先日、女優・蒼井優(33歳)と結婚した南海キャンディーズ山里亮太(42歳)の年収を推測した。

番組はこの日、山里の結婚の話題を中心に進行。明石家さんま(63歳)は、山里から事前に連絡があったエピソードなどを語った上で、「山ちゃんレギュラー16本やから。テレビで言うてはった」と“売れっ子”であることを説明し、これに今田耕司(53歳)が「16本。なんぼ吉本でも“億”はあるでしょうね。そりゃ16本もあれば」と、年収が1億円の大台を超えているのではないかと見立てた。

しかし、陣内は即座に「いや、ないと思いますよ。あの年代は全然低いですから。山里でも(大台には)行ってないと思います」と否定し、「(芸歴)20年やけど、“億”行くってよしもとでは(ない)」と断言した。

これにさんまは「陣内が言うんじゃ間違いない」と納得。そして、いま売り出し中のお笑いコンビEXITに「お前ら、吉本ってこういう会社やぞ」と教えると、EXITの兼近大樹(28歳)は「でも、こうやって楽しくできるからサイコー!」とチャラい風に語った。